365 Portland

ポートランドに泊まる 【その1】

Tinyhouse1

バックヤードの小さな家、そしてタイニーハウス・ホテル。

ポートランドでは小さな家にもバックヤードがある。住宅を建てる場合、アウトドア・エリアの最低面積を約23平米(約7坪)確保することが決まっているからだ。これは家の周りの隙間の合計ではなく、一辺4m程度の四角形がすっぽり入らなくてはいけないのだそう。つまり家の大きさに関わらず、14帖以上の庭がある感じ。

ポートランド的夏の楽しみ方。

Driftwood Fort1オレゴン名物になった「流木の家」たち。

Driftwood Fort is one of the highlight attractions of summer in Oregon.

ポートランドから海や河に遊びに行った人は、どこかで見たかも知れない。これはドリフトウッド・フォート(Driftwood Fort:流木の要塞の意)と呼ばれる流木を組んだ掘っ建て小屋で、言わば子供の頃に作った基地みたいなものだ。

ポートランドのスピリチュアル。

tarotアメリカ第一の無宗教な街のよりどころ。

ポートランダーは教会に行かない。知っての通りアメリカはキリスト教国家で、大統領就任時にだってバイブルに手を置いて宣誓するし、今でも学校では「ただ一つの神のもとで」みたいなプレッジをやるところは多いはず。そういう国柄でありながらポートランドは宗教的無所属層42%(全米主要30都市で最高率)。実感ではこの割合はもっと多いかもしれない。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ②

IMG_2823のんびりネイバーフッドの古いソーセージ屋さん。

去年、ガイドブックで紹介できなかった場所の一つ、東南地区のウッドストック。スティーブ・ジョブスも通ったリード・カレッジから東に1キロ程行ったところにある。3年くらい前まで取り立ててどうということもなかったが、ポートランドが人気都市になるに連れ注目され始めたネイバーフッドの一つだ。

ポートランドの名刺。

IMG_4085ポートランドでつくる名刺、肩書きに悩んだ話。

*一年くらい前の個人的な話で恐縮ですが・・・
ポートランドでは活版印刷がとても盛んだ、その草分けで友人でもあるEgg Pressが、好意で名刺をつくってくれるという。でも、先延ばしにしていた。肩書きをどうするか悩んでしまったのだ。

ポートランドの医療のこと。その1

ポートランドの医療ポートランドの未体験ゾーン、病院生活は驚きの連続だった!

去年の夏、ある日突然へんてこな病気というか、かなーりヤバイヤマイの可能性を示唆され、あっという間に大重病人になってしまった私。まさに「青天の霹靂」というやつ。それからは治療のためにあちこちへ移動し、いろんなことを考えた。そしてこの半年間、自分自身にもだけど、アメリカと日本の医療のあり方に様々に驚く日々を過ごした。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ①

IMG_3127昨年出版された拙著「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」はページ数や編集方針上、十分に載せられなかったテーマや場所がいろいろあった。ふと思いついて、せっかくだからこのブログで少し紹介してみようかと。で、早速。きょうはポートランドの南、アンティークで知られる街Aurora(オーロラ)を写真中心で見てください。