365 Portland

365 portland のこと

注目の街、西海岸ポートランド。略称PDXと呼ばれる先端都市の「今」をクリップして集めています。

美味しいクラフトビールのメッカで、有名なピノノワールの産地でもあり、オーガニック食材やエクレクティク・フードの街としても知られる街。クリエイティブで、全米でもっとも環境フレンドリーで、都市と自然が共存 するポートランド。地元コミュニティの意識が高く、暮らしたい街としていつも全米上位に選ばれています。

一方で、自由で気さくカジュアルな雰囲気を保ち続けているポートランドは、住むのはもちろん、休暇で訪れてもリラックスして楽しく過せる街でもあります。ニューヨークともロサンゼルスとも全然違う、新鮮でライブリーな魅力に溢れるポートランドをぜひ。

Toshino Momoki

私のこと   365Portland.com 編集人   百木  俊乃

はじめまして。コピーライティングとコンセプトデザインの仕事をしている百木です。ニューヨーク、カリフォルニア、東京をはさんで、これまで3度ポートランドに住みました。

初めて訪れた二十数年前、ポートランドのダウンタウンは既に現在の都市計画のベースができていました。一目見て、何て可愛らしくてきれいな街だろうと感激したものです。最初に住んだのは、今とても人気のあるAce Hotelから半区画先のアパートメントホテルです。最近は日本からも視察者がやって来る再開発地区パール・ディストリクトからも近いエリアですが、当時は麻薬の売人がたむろする少し危険な地域のようでした。夜遅くなってしまった時には猛ダッシュで帰った覚えがあります。

その後も機会を捉えては訪れていましたが、決定的だったのは2003年。当時ニューヨークに住んでいたのですが、同時テロ以降仕事が激減したこともあり、思い切って大陸横断をして再びポートランドに住むことにしたのです。ポートランドは大きく変わりつつありましたが、失業率の高さはかなりのもので大苦戦。その後は東京に事務所をつくり、日米を往復する生活が始まりました。と言うとなんだか優雅な感じですが、実態は仕事のやり繰りやビザとの闘いでかなり厳しいものがありました。

でも、何度離れても、なぜかまた戻っていきたくなる、それがポートランドだと思います。実は昨夏、4度目のリターンを実行に移したところです。変わりゆくポートランドの中で自分にも思い切った変化を起こしたい。さて、どうなることやら。

もし気が向いたら、今度の休暇にPDX、いかがでしょう。

———–

- ポートランドの暮らしを折々に書き綴っている別ブログ「ポートランド自由生活」よろしかったらご覧になってください。少し個人的なトピックも上げています。

- 私が活動しているユニット、TIDEPOOLのサイト:TIDEPOOL creative

- 個人仕事サイト(英語/一部日本語):Momoki Works

- 連絡先はコンタクトページをご覧になってください。