365 Portland

ポートランドのハロウィン。

Haloween

【 Twitter+ 】
雨のポートランドに灯をともすようなカボチャ達。
It’s like lighting bright lights in rainy Portland.

この色が街に溢れると心が弾んでしまう。いよいよ本格的な雨期になるポートランドを明るく照らすようなジャック・オ・ランタン。ポートランドの住宅街のハロウィンでは、今も仮装した子供達が「トリック or トリート」と叫びながら家々を訪ねて回る。

この子供軍団を、山程のお菓子とともに待ち受けるお宅も少なくない。そういう家は庭先を墓場にして、窓に骸骨を置いて、軒先は蜘蛛の巣まみれにデコレーションしていたりする(上の写真の家も蜘蛛の糸を渡してある)。
私も一軒家にいた時に経験したけど、これが結構大変で、用意したお菓子はあっという間になくなり、その後は家を真っ暗にして息を潜めていた。まさに恐怖のハロウィン。以来10月31日はいつも家を逃げ出している。
とは言え、この時期の街を歩くのはやっぱり楽しい。

ジャック・オ・ランタン

カボチャのくり抜き方は個性が出て面白い。ものすごく凝ってる家もある。これはスタンダードな感じ。水分が多いからか、結構すぐにカビが生えてくるんだけどね。

ところで、このカボチャの色ってオレンジ色? カボチャなのにオレンジとはこれ如何に? でも、みかん色も橙色も変だよねー、カボチャなんだもの。こういうのは他にも結構あって、よく問題になる肌色はここでは置くとしても、茶色とかね。・・・と、関係ない話はまあいいか。

ともかく、ハロウィンが来るといよいよ年末の足音。今年のあれこれを思い出しつつ家々の軒先を見て歩くのもいいもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です