365 Portland

ポートランドの小さなおみやげ。

0.SaltyandSweet_Portland誰かのために、自分のために、何がいいかな。

Tiny Portland gifts for someone and me.

おみやげ探しは旅行の重要案件一つという人は多いのではないだろうか。ポートランドには雑貨好きならワクワクするような小間物が多いので、おみやげ探しも結構楽しいはず。 実は私、ずっとおみやげというのが苦手だった。買うのも、貰うのも。でも、ポートランドに来てからちょっと変わってきて、友人のためにポートランドらしいモノを探すのが結構楽しくなった。そういう時に新たな発見もあるから。
今回はプチプライスでおみやげになりそうなモノを集めてみた。もちろん、自分用にもいいと思う。

トップの写真はSalty & Sweetのモビール。レーザーカッターで美しく切り抜かれたたポートランド・アイコンが揺れる楽しさ。©saltyandsweet

1.ポートランド・テーマのモノ

7.PDXpouch

ポーチ17ドル。Powell’s City of Booksやギフトショップで。www.powells.com

やっぱり、一目でポートランドと分るモノがいいと言う人に。

ポートランドの街やカルチャーのアイコンをプリントした雑貨はかなり出回っていて、これが案外かわいい。イラストの小さなアイコンを散らしたデザインって 最近は日本でも見かけるけど、なぜか「ポートランドらしい」と思われてきたみたい。一つひとつのアイコンの意味も考えてみてね。

BeerT

Woodstocck地区に去年オープンしたDouble Mountain Brewery & TaproomのTシャツ。ビールの銘柄やホップのロゴの図柄。各20-30ドル。www.doublemountainbrewery.com/

Tシャツはどこの街でもおみやげの定番。ポートランドにもPORTLANDの文字の入ったのはいろいろあって、空港にも売っている。でも、あまりに観光っぽくないのがいいなら、ビール屋のTはどうだろう。クラフトビールはポートランド名物。どのブルワリーにも必ずロゴやシンボルマーク入りのTシャツが用意されていて、結構かっこいいのもある。

LocalT

ポートランドらしい文言やスローガンをプリントしたTシャツも多い。EAT LOCALSというのは、つまり地産地消しようねということ。25ドル前後。Presents of Mindで。www.presentsofmind.tv/

2.ハンドクラフトのアクセサリー

ポートランドと言えば、やっぱりハンドクラフト。特にカジュアルなネックレスやイヤリングなどを作るアーティストはすごく多い。安い素材でもアイデアで楽しくかわいく、ちょっとキッチュな感じもポートランド的。ちなみに普段使いのアクセサリーでも英語ではジュエリーと言います(アクセサリーでは通じない)。

メッセージを刻印したメッセージ・リング。約7-10ドル。Tender Loving Empireで。 tenderlovingempire.com

メッセージを刻印したリング。「STAY WILD」うーん、そうありたいなあ。約5-10ドル。Tender Loving Empireで。
tenderlovingempire.com

TeaLeaf

ビンテージビーズを使ったa tea leafのキュートなピアス。12-15ドル。Crafty Wonderland、その他カジュアル・ファッションのお店で。

3.マグカップ

コーヒーの街でもあるポートランドだから、マグカップは定番アイテムの一つ。コーヒーロースターのロゴ入りもいいけど、お気に入りのデザインを探してみたい。

ポートランドのタウンスケープの図柄。カフェオレ・ボウルなども。Powell’s on Hawthorneで。 www.powells.com/

ポートランドのタウンスケープの図柄。カフェオレ・ボウルなども。Powell’s on Hawthorneで。
www.powells.com/

ポートランドではぽってりと温もり感のある陶器製マグが主流。これは数字だけのレトロ・デザインがいい。10ドル程度。Camp Hollyhockの製品。 SellwoodのUnique Antiqueで。 www.facebook.com/CampHollyhock/

ポートランドではぽってりと温もり感のある陶器製マグが主流。これは数字だけのレトロ・デザインがいい。10ドル程度。Camp Hollyhockの製品。 SellwoodのUnique Antiqueで。
www.facebook.com/CampHollyhock/

4.お茶
ポートランドはコーヒーに限らずお茶文化の浸透している街。それは雨が多いことと関係しているのかもしれない。お茶は私のおみやげの定番でもある。有名なSmith Teaだけでなく、日本ではあまり見ない種類のハーブティー、フレーバーティーなども豊富だし、何より軽いのがうれしい(笑)。もちろん炒り立てのコーヒー豆をロースターで買うのもいいんだけどね。

チャイやアロマティックなお茶の種類は何十種類もあって迷う。スーパーやグローサリーで。1箱5-10ドル程度。

チャイやアロマティックなお茶の種類は何十種類もあって迷う。スーパーやグローサリーで。1缶10ドル前後。

IMG_7398

お茶はパッケージも重要だけど、自分用ならバルクフード(計り売り)で面白そうなお茶を少しずつ買うのもいい。食料品店のバルクフード売場には様々の種類のお茶が用意されている。お茶の計り売りはオンス(oz)で表示される。1ozは30g弱。写真はNew Seasons。

<参考>バルクティーの買い方:瓶を開けて備え付けのスプーンですくいセロファンか紙の袋に入れ る。袋の口を留めるツイストタイ(ステッカーの場合も)に選んだお茶の番号を自分で書き入れてレジに持って行く(自分で計って値段まで書き入れる場合もあ る)。他のバルクフードもほぼ同じ。また、有料でシンプルなガラスのジャー(蓋付き瓶)や缶を用意している店もある。

5.紙もの

N.Williams Ave.にあるレタープレスの工房を兼ねたショップLark Pressは紙ものだけでなくシルクスクリーンの布ものも。カードは4-6ドル。www.larkpress.com

N.Williams Ave.にあるレタープレスの工房を兼ねたショップLark Pressは紙ものだけでなくシルクスクリーンの布ものも。カードは4-6ドル。www.larkpress.com

カードやステーショナリーなどの「紙もの」は、ポートランドが最も得意とするアイテム。レタープレス(活版印刷)で一枚ずつ手刷りしたグリーティングカードやノート、プリントなどは美しく味わい深い。気に入ったカードを額装してインテリアにしてもいい。

Calender

カレンダーは年中扱っている。ポートランドの写真のも悪くないけど、ここはやっぱり地元アーティストのカレンダーを見つけたい。右上は日本でもファンの多い切り絵アーティスト、ニッキ・マックルーア。13ドル。N.Mississipi Ave.のLand Galleryで。https://landpdx.com

ステーショナリー・ショップはギフトアイテムの宝庫。ノートや手帳などの紙ものはもちろん、キッチュな小物類が充実している店が多い。

ステーショナリー・ショップはギフトショップみたいなもの。ノートや手帳などの紙ものはもちろん、キッチュな小物類が充実している店が多い。写真はMemento PDX(SE Hawthorne)。http://www.mementopdx.com/ その他Oblation Papers(Pearl地区)、Little Otsu(SE Division St.)等、街中にたくさんある。また、雑貨店の一部にステーショナリー・コーナーのある店も多い。 

SE HawthorneのMemento PDX 店内にはオモチャ的な文具がぎっしり。洗練されたデザインよりカラフルなおアソビ系が多いかな。http://www.mementopdx.com/

紙もののお店は、たとえばOblation Papers(NW Pearl地区)、Little Otsu(SE Division St.)等、街中にたくさんある。また、Schoolhouse Electric & Supplyのようにインテリアや雑貨店の一部にステーショナリーを置いている店もすごく多い。

6.ジン(Zine)

ポートランドのもう一つの紙文化と言えば、やっぱりZineだろう。いかにも手作りでペラペラのメディアなのに、これが何ともポートランド的! アナーキーでアナクロっぽくて、出版社の企画本にはない面白いテーマや切り口が発見できる。イラストの多いジンもあるので、英語は苦手という方もぜひ。

Zine

どこで買うかだけど、実はジン専門店で一番知られていたReading Frenzyが閉店してしまったのでとても残念。でも、Powell’s City of Booksにもあるし、紙もののショップにはセレクトしたジンを扱うところも多い。

ポートランドのジン文化の草分け、N.Mississippi Ave.のReading Frenzy——ところが、閉店してしまったらしい。あらゆる分野のジンが雑多に置いてあるいい店だったのにな・・・。

ポートランドのジン文化の草分けだったN.Mississippi Ave.のReading Frenzy。オーナーがシティ・コミッショナーに選出されたのを機に閉店。あらゆる分野のジンが雑多に置いてあるいい店だったのにな・・・。

7.石鹸

ポートランドみやげが石鹸と思うかもだけど、オーガニックのアロマソープはとても多い。華やかなフローラル系より樹木や草などハーブ系のナチュラルな香りが多いのがポートランド的。そして石鹸もバルク売りがある。ブロック状の石鹸の塊りとナイフが置いてあって、好きな大きさに自分で切って紙袋に入れる。

soap

バルク売りの石鹸。好きな大きさに切って買うことができる。

Soap

SE 28 Ave.の新しいナチュラルソープのブティック、Hillockburn Farmのミックス・バッグ。いろんな石鹸を板状にして詰め合わせてある。10ドル。www.hillockburnfarm.com

New Seasonsのバラ売り石鹸。各2.49ドル。

New Seasonsのバラ売り石鹸。各2.49ドル。

8.$1のプチみやげ
最後に1ドルで買えるアイテムを。
エコバッグ:まず、前回もちょっと紹介したスーパーTrader Joe’sのポートランド仕様のもの。濡れた物も入れられるし、ウチでも何かと便利に使っている。99セント。
www.traderjoes.com

8.EcoBag
ピンバッジ:あちこちで色々なデザインのを売っていて、ピンボタンともいう。写真のレトロなボタンはSE Belmont St.のNOUNで。私もトークショーのおみやげパウチに入れて、みんなに喜ばれた(はず?)。

http://www.shopnoun.com/

8.pin
他にもミュージアム・ショップなども機会があればのぞいてみたい。ポートランドには小さなアイテムに面白いものが一杯あるので、きっとお気に入りが見つかると思う。

7 comments for “ポートランドの小さなおみやげ。

  1. conomi
    08/10/2017 at 23:33

    百木さん こんにちは

    ポートランドで思わず何かを買ってしまったお店は、
    本屋さんでした。
    まず目に入ってしまったのが、本屋さんのブックバックです。
    それと、レジの周りに何気に置いてある小物たち。
    思わず買ってしまいました。

    探してもなかなか出会わなかったのが、
    Tシャツです。
    街行く人々は素敵なTシャツを着ているですが、
    実際どこにそれは売っているのだろう?
    ネットで検索してもなかなか見つかりませんでした。

    今回百木さんが紹介してくれたビール屋さんのTシャツ、
    「あっ、これいいな」と思いました。
    サイトを見たら、メンズのみ。残念。
    まぁ日本でもよくある事なので、仕方ないと思うのですが、わたしみたいに思っている人(女性)結構いると思うんですよね。
    素敵なデザインだから、大きいサイズだけじゃなくて、
    小さいサイズXSも作って欲しいなぁ。
    なんて思っちゃいました。

    そうそう、ポートランドのお土産で石鹸は好評でした。

    • 百木
      百木
      08/11/2017 at 10:37

      conomiさん、そうそう、Powell’sのバッグは私も定番のおみやげです。よくデザインが変わるのもいいですし。手持の画像が小さ過ぎたので今回載せなかったんですが、喜んでもらえますよね。バッグはバリュー感もあるから。

      ビール屋のTシャツはレディスを置いている所も結構あるのですが、私はあえてメンズSを買うことも多いです。というのもレディスってパステルカラーだったり、妙にピタッとしてるので。こういうのは男の子みたいな感じもいいかと。

      それと、実は先日ツイッターにこんなのツイートしてます。レジ周りって、細々した面白い小間物がありますよね!
      https://twitter.com/WordsOnTap/status/894550015418408966

      • conomi
        08/11/2017 at 13:40

        百木さん

        そうなのです。レデイースだとTシャツの雰囲気が変わってしまうんですよね。
        「そのまま色も形も小さいの作って」と思っていましたが、Sサイズでザックリ着る。
        やってみます!

        レジ周り。危険です。
        なんて言うか、おもちゃ屋さんとか駄菓子屋さんみたいなワクワク感がありました。
        で、思わず「これもください!」
        戦略にバッチリハマっていましたね。

  2. shu
    08/21/2017 at 19:17

    はじめまして。ポートランドに旅行に行きたいと思っているのですが、ネット上でもあまり情報がなくこちらのサイトを参考にさせていただいております。
    ひとつ質問させていただきたいのですが、年末年始にポートランドに行こうかなと考えているのですが、お店は閉店してしまうところが多いのでしょうか?また、カウントダウンのイベントは何かやっているのでしょうか?
    教えていただけますと幸いです。こちらにコメントさせていただいてしまってすみません。

    • 百木
      百木
      08/21/2017 at 19:53

      はじめまして。初めてのポートランドですね!
      まず、お正月休みについて。1月1日は祝日なのでオフィスなどはお休みですが、一般のお店はほぼ開いています。こちらは25日のクリスマスを過ぎるとお正月はあまり関係ないんですね。カウントダウンのイベントはあちこちでやっていますが、NYのタイムズスクエアのように一カ所に集合する感じではないかな?

      ただ、何より頭に置いてほしいのが天候です。お正月頃のポートランドはしっぽりと雨期真っ只中になりますので、むしろ降られなければラッキーという感じです。ポートランダーは慣れっこなのでメゲずにニューイヤーに掛けてのイベントを楽しみますが、知らないで来られるとガっカリしてしまうかも。

      雨期は10月半ば〜3月頃までで、年により雨量はだいぶ違います。秋の紅葉や春先の花もそれは美しいのですが、日本の方は雨に濡れるのをすごく嫌がるので(ポートランダは傘もささないし濡れても気にしないです)、天候のことはよく考えて日程を決めるといいと思いますよ。

  3. shu
    08/22/2017 at 11:30

    ご返信ありがとうございます!
    元旦も開いているお店が多いのですね。安心しました。

    年末年始か1月または2月に行くことも考えているのですが、冬の間は雨期なのですね。
    頭において、出かけたいと思います。

    また、ファーマーズマーケットやフリーマーケットなどにも行きたいなと思っていたのですが、
    12〜2月の冬季は開催していないのでしょうか?

    • 百木
      百木
      08/24/2017 at 17:21

      shuさん、ファーマーズマーケットは小さな所は夏場のみですが、最大のPSU(Portland State Universityのキャンパス)は通年で開催しています。フリーマーケット的なイベントもインドアでやってますよ!

shu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です