365 Portland

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ①

IMG_3127昨年出版された拙著「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」はページ数や編集方針上、十分に載せられなかったテーマや場所がいろいろあった。ふと思いついて、せっかくだからこのブログで少し紹介してみようかと。で、早速。きょうはポートランドの南、アンティークで知られる街Aurora(オーロラ)を写真中心で見てください。

古きよきアメリカン・カントリーの一日を。Aurora Colony

通りはいたる所にローズマリーやラベンダーの植え込みが。

通りはいたる所にローズマリーやラベンダーの植え込みが。

今から160年前、オレゴンで最も古いキリスト教徒のユートピアとして整備されたオーロラ・コロニー。ここはアメリカ東部の雰囲気が漂っている街だ。私もそちら方面に長く住んでいたけれど、なるほどニューイングランド地方の面影がある。

このコミュニティは、今ではアンティーク店が並ぶメインストリートとイースタン・ウィラメット・バレーのワイナリーやダリア畑で有名なCanbyの街ともつながる牧歌的な一帯の中心として、ポートランドからの週末遠足に頃合いの目的地となっているのだ。

ホワイト・ラビット・ベーカリー

グルテンフリー専門のベーカリー・カフェ「ホワイト・ラビット・ベーカリー」。なぜかタコの絵が・・・

ホワイト・ラビット・ベーカリー

誰かの家の居間のよう。新聞をめくる音、ささやき声のお喋り。地元の人々のくつろぎの場だ。

街の中心は十数軒のアンティーク・ショップが点々と並ぶ目抜き通りがあるものの、全体的には観光地という程でもなく、辺りには静かでゆったりした感じの住宅街が広がっている。知らない街をのんびりと散歩したい人にはうってつけの街だろう。

フェザイント・ラン・・ワイナリー

「フェザント・ラン・ワイナリー」。1世紀以上前の銀行Aurora State Bankの建物を利用。

IMG_3058

かつての銀行のロビーがテイスティングルーム。何だか近所のバーのよう。

この街は建物自体がアンティークだったり、趣きがあるので街歩きが楽しい。目抜き通りの入口近くにある「オーロラ・ミルズ」(下)はその一つ。裏手には線路が通っていて、カントリー感いっぱい。写真の好きな人は写欲をそそられるディテールだらけで興奮しそう。

「オーロラ・ミルズ」

「オーロラ・ミルズ」。かつての製粉工場を利用したサルベージの店。

サルベージとは取り壊した工場や家から回収された廃材や建具、金具等のこと。そのまま使ってもいいし、別の使い途を考えるのも楽しい。

サルベージとは取り壊した工場や家から回収された廃材や建具、金具等のこと。そのまま使ってもいいし、別の使い途を考えるのもまた楽しい。

アンティーク・ショップは普通の一軒家を特に改装もせずにそのまま使っていることが多く、商品は実際のインテリアのようにディスプレイされている。オーナーが焼いたクッキーやお茶を出すようなカフェを兼ねた店もある。

傾いだ階段をぎしぎし上っていく。

傾いだ階段をぎしぎし上っていくと・・・

部屋ごとに工夫を凝らしたディスプレイがなされ、つながっている。

それぞれの部屋に工夫を凝らしたディスプレイが施されている。

ゼネラルストア

昔のゼネラルストア(日用品店)
だった建物のアンティーク店。ゼネラルストアはたいてい街の中心にある。写真は私の好きな消火栓入りで(笑)。消火栓て、何だか人格感じません?

道の案内標識。「あっちもこっちも、もっとお店が」と書いてある。左上の「パサディナ・ローズボウル」というのは、ロサンゼルスで開かれる有名なアンティーク市のこと。「そこへ行くには802マイル(約1,200km)もあるよ。でも、ここにもっともっとお店があるよ!」と言いたいらしい。

街の案内標識。あっちもこっちも「もっとお店が」と書いてある。左上の「パサディナ・ローズボウル」というのは、ロサンゼルスで開かれる有名なアンティーク・イベントの意味。そこまでは802マイル(約1,200km)もある。でも、それよりここにいっぱいあるよ!と言いたいらしい。

私も時々、特に目的もなくオーロラを訪れる。ちょっとその気になってアンティークの品定めをしてみたり、さまざまなスタイルの住居を眺めながら裏通りを歩くのが好きだ。

アメリカのこのカマボコ型郵便受け、かわいいよね。

アメリカのこのカマボコ型郵便受けって、何だかかわいいよね。

裏通りをそぞろ歩くだけでも楽しめる。

裏通りをそぞろ歩くだけでも楽しいと思う。

オーロラ・コロニーへはポートランドから高速道路I-5経由で一時間も掛からない。決して遠くはないのだけど、車でないと行けないので運転しない人にはちょっと残念かな・・・と思いつつ再度調べたら、ちょっとがんばれば公共交通機関でも行けることがわかった。ポートランド市内からだと途中でバスを1回乗り継いで、オーロラ図書館前まで行けるとのこと。所要時間:約2時間

*ダウンタウンのTRIMETトランジットセンターから#35のバスでOregon City Transit Centerへ。「CAT Route99」に乗り換え「Aurora 99E & Library」で下車。

*オーロラについて詳しく知りたい方はーーー http://auroracolony.com/wp/

2 comments for “「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ①

  1. Conomi
    02/16/2017 at 05:51

    去年の夏portlandへ行った時、バスで「マルトノーマー滝」へ行きました。日本のテレビ番組ではありませんが、バスでどこまで行けるか、どんな所に行けるかも面白しろそうですね。
    次回のportlandで、「オーロラ」へ行ってみようと思います。

    • 百木
      百木
      02/16/2017 at 11:58

      Conomiさん、マルトノーマーの滝へバスで行けるようになったこと聞いてます。割と近いので行きやすかったのではないでしょうか。オーロラへもBOLTのような安価な中距離バスが出るといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です