365 Portland

ポートランドの新しい場所。

DSC00527北西ポートランドのインダストリアル地区、新しい街を形成しつつあるらしい。

Industrial District in NW Portland totally changed into the new era?

結構昔からポートランドの北西23丁目辺りは独自の街の雰囲気をつくってきた。でも、近接するエリアは倉庫街のままだった。というか、それも必要だったはずだし。けど、ポートランドがどんどん人口が増えて地価もぐんぐん上がり始め、どこもかしこも変わり始めている。

その地区の名はスラブタウン。高速道路に近いこのエリアは、昼間でもほとんど人通りのない場所だった。それが2年くらい前からデザイン・マンションの工事ラッシュ。それでも、まだまだガランとした印象だったのに、今夏New Seasons Marketがオープンしたあたりから、どうやらこの辺りが大きく変わる構図が実感となった。一番上はそのマーケット。

NewSeasons1

New Seasonの肉売り場。これは牧草飼育ビーフ。

NewSeasons2

オーガニックの豆や穀類の量り売り。お米、お茶、スパイス、お菓子なども。

New Seasonsは地産地消を看板に、それも主にオーガニックを中心にしているスーパーマーケット。値段は多少高くなるけれど、住民の強い支持によって年間1店舗くらいのペースで出店してきた(いま市内に18店舗)。この店の出店計画が発表されると、周辺の地値が上がるという話もあるらしい。

このスーパー自体があるのは大きな建物で、その区画全体が再開発エリアど真ん中という感じだ。そしてツイッターしたように、夏にはこのスーパーのある建物の反対側に人気ブルワリーBreaksideが5,000平方フィートのブルワリー・レストランをオープンする。

Breakside1

ここのビールは美味しいので楽しみー。中を覗いたら、まだ何もないがらんどうだった。

Breakside2

New Seasonsと外見は同じだね。というか同じビルの反対角なので。テラスもあるけど、眺め的にはどうか・・・

パーキングの向かい側のビルには、ノブ・ヒルの看板レストランで半年前に休業したレストランBesaw’sが場所を移して再営業予定。こちらはもう間もなくオープンだろう(隙間からのぞいたらワインボトルが並べてあったから)。

いろいろ便利にはなるんだろう。だけど、昔ながらの食料品店や一杯飲屋などは続々閉店。ボロい建物は潰されてどんどんピカピカのビルが建ち並んでいく。あっという間にエリアが変わっていくこの現状を、手放しでは喜べない。便利だったり、美味しかったりすればいいってもんでもないよな・・・。

Slabtown1と言いながら、こういう光景ばかりが続くのも困るかもなんだけど・・・。住民でありながら外国人の目線だからそんなふうに感じるんだろうか。

Slabtown, NW Portland, Ore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です