365 Portland

ポートランドのアーティスト。

Aaron1

連載最終回は、「ポートランドを何倍も楽しむには、この街でアーティストになる。」

ACCETORYに連載しているPORTLAND DAYS[あなたの知らないポートランドへ]。 最新の記事は、ポートランドのローカル・アーティストのことを。

以前に書いた活版印刷のEgg Pressのプリンターであり、プロのミュージシャンであり、フリーのグラフィック・アーティストでもあるアーロン・ミラー。やりたいことをすべてやっているという彼は、30歳からデザインを始めて、今37歳。そういう人生を可能にしてくれるポートランドが大好きで、いつまでもこの街の一部でありたいと語ってくれた。下記のリンクから読んでみてね。

ACCETORYマガジン [Portland Days] Vol.12

*6月からの連載も今回でお終い。その間、この365ブログの方が遅れがちですみません! 秋は、また新たな気持ちで書いていきたいです。どうぞよろしく。

Aaron2

大きな影響を受けたというEgg Pressのテス(左)とキャラと。

Aaron3

ブックデザイン。栞が付いているのが細やか。

2 comments for “ポートランドのアーティスト。

  1. Mayu
    09/09/2015 at 00:42

    連載お疲れさまでした!最後の記事もとてもポートランドらしい空気が感じられてとても面白かったです。またこちらのブログも楽しみにしています。Egg pressでテスさんから購入したビッグサイズのポーチ、使うほどに愛着が湧いて愛用しています。

  2. 百木
    百木
    09/09/2015 at 00:57

    Mayuさん
    連載も読んで頂いてたのですね。ありがとうございます!
    しかし、記事に追われている内に、ブログはどんどんビューが減って(UPが少ないので、当り前ですよね)反省してます。
    Egg Pressとはずっと仲良くしていて、一緒に何か面白いことやりたいと思ってるところです。
    ポーチを愛用して頂いてること、伝えておきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です