365 Portland

ポートランドの昔。

Kenton4今風じゃないポートランド、集まる人々も風景になじんでる。

Old Portland, the people blended right in with the scene.

いま最も新しい街のように紹介されるポートランドでも、昔と何ら変わっていない街角はたくさんある。特に北ポートランドには、当り前ながらここもやっぱりアメリカだったんだと思う場所や場面に出会うことも多い。

Kenton2

Kenton Station、古びた外観がいい感じ。

Kenton Stationは北ポートランドの街ケントンにあるご近所バーだ。百年くらい前は精肉会社だったという渋い建物で、禁酒法時代には地下で酒が振舞われていた。歴史を読むと、地下にはボクシングのリングがあって試合もしていたらしい。何でも「ミステリアス・ビリー・スミス」という若いボクサーが鳴らしたとか。そして、実は今も同じビルにボクシングジムがあって、現代らしく女性ボクサーもいるのです。

Kenton3

コミュニティのイベントで行われた女性ボクサーの対戦。観客びっしり。

古いカウンターバーとダイナー風のメニューのレストラン席。何が特別な訳ではないけど、夏の午後、まぶしい路上を眺めながらぼんやりビールを飲むのにビッタリの場所。もちろんチーズバーガーとオニオンリング、7UPでもいいのかもしれない。

カウンターにはいかにも常連客のおじさん達がずらりと居並ぶ。古いアディダスのジャージ姿の老人が珍しそうな表情でちらと振り返っていた。でも決していづらいなんてことはない。そう言えば以前「自由生活」で書いたブルースおじさんには、ここの前の道で出会ったのだった。実はこの界隈自体がオールド・ポートランドの雰囲気満載でとても好きなのだが、それはまた別に書きます。

Kenton1

昔のダイナーとバーを兼ねている。バイク野郎も多いけど、ご家族歓迎の店だ。

どこか知らない場所やシーンに出会った時、自分が生まれるもっとずっと遠い昔を思い出す気持ちになることはないだろうか。あるいは子供の頃に見た景色のように。今住んでいる場所ではなく、知らない街や外国でむしろそう思うことがある気がする。

ポートランドでもそんなこともあるかも知れない。もしポートランドに来たら、ガイドブックに出ているような場所ばかりではなくて、通りすがりの店や誰も振り返らない景色にも目を止めて見て欲しいと思う。

Kenton5

界隈のお祭りの日、Kenton Stationはコースターカー・レースというのをサポートしていた。

・・・なんて言いながら、ここでお店を紹介したのでは矛盾してしまいますね。でも、ケントン・ステーションは、ひなびたボロい店も好きな人は結構好きかもしれないです。

Kenton Station, 8303 N Denver Ave., Portland, Ore

Kenton6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です