365 Portland

ポートランドの閉店。

ポートランドのGypsyバー住みたい街として注目の一方で、消えゆく昔のポートランド。

Old Portland is disappearing while newcomers are flowing into here?

少し前に近所の古い店が突然閉店した。「ジプシー・レストラン&ベルベット・ラウンジ」1947開店。うるさくて近所迷惑、でも、長く人気の店だったらしい。店で使っていた家具や食器類、備品の閉店セールを覗いて見た。

上の写真は「ハッピーデイズ」という名前のボードゲーム。キャンドル・ポットや何故か靴の修繕セットまで。他にもグラスや額縁、よく分からない機械、多分暗がりの中でしか使われなかった品々が痛々しいルックスで、でも悪びれもせず並べられていた。

ポートランドのGypsy2

50年代のバースツール。今でもいい感じ。

ポートランドのZypsy4

60年代風のロゴが怪しくていいね

ここで大騒ぎした子達も、今やすっかり老人だろう。何万人もが座っただろう破れかけたスツール、何千回も使われたグラスやお皿を見ていたら、ちょっとセンチメンタルな気分になった。

ポートランドのGypsy3

いかにもアメリカのグラス類、小さな国旗が挿してあった。

注目のレストランが次々に生まれるポートランド。人口比ではアメリカで一番飲食店の多い都市と言われ、ガイドブックに掲載される店はどこも素敵だ。でも、地元のフツーの若い子が行く、何となくついと足の向く店というのは、それほどイケてる店でもない。気楽で、ちょっと不良で、友達とツルむのもいいけど、一人でも居心地がいい。そんな店が段々減っていってるのだと思う。日本でも地元のディープな飲み屋がだんだん消えていってるように。

これを書いた翌日、近所を通った。閉鎖されたドアを通して見えた店内、こんなだった・・・

ポートランドのGypsy4

電線、はがれ落ちた壁。

Closed restaurant “Gypsy Restaurant & Velvet Lounge” on NW 21th Ave, Portland, ore

2 comments for “ポートランドの閉店。

  1. 平谷 俊夫
    03/21/2015 at 10:54

    「ハッピーデイズ」の左に見えるバットマンが気になります。掘り出し物が有りそう!!

    • 百木
      百木
      03/21/2015 at 11:03

      コメント、ありがとうございます!
      やっぱりどれもかなり使い込まれていて(というかボロくて)、あまり売れてなかったですねー。
      今は一番下の写真の状態。ちょっと哀しい感じ。
      ちなみに、この店の通りは結構みんなこの手の飲み屋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です