365 Portland

ポートランドの家探し:続編5

portland_house_SE1秘密の小部屋付き、これにて打ち止めと思ったのですが・・・。

この1年住んでいたのはポートランドの東南地区。近所にヒッピー文化の名残を感じる面白い街並があり、周りは緑の多い静かな住宅街。家自体は古くて問題はあったけど、環境が決め手だった。

諸般の事情で、また家探しを始めて数件目。この家、結構気に入って手付も支払っちゃった。これまで住んでた所から10分程、環境的にはポートランドの中で自分にとって最も好ましいエリア、木が多くて閑静なのに、カフェ、レストラン、グルメスーパーがある人気ストリートから1ブロック半、ウォークスコア(歩いて生活できる点数100点満点)93と、日常生活もとても便利。

一軒家を上下に割って貸していて、当該物件は1階、正面ドアを入って右側部分。十段くらいステップがあるので、道路より大分高くて落ち着き感もある。

portland_house_SE2

ポーチは1階住戸のリビングに面している。

一軒家の1階全部なので全室に窓、ポーチとバックヤードは3戸でシェアだけど、現実には1階住人の独占状態と見た!

portland_house_SE3

食堂と台所の間にバーカウンターと書斎机が造り付けになっていて、楽しい雰囲気。

portland_house_SE4

台所は60年代風。採光も良く広々している。

内覧した時、住んでる人がいたので写真があまり撮れなかったけど、例によって思い出しながら間取り図を描いてみた。(クリックで大きくなります)

portland_house_SE5

左側が入口。ホールはユニット外、2階住戸用の階段があります。奥に長いタイプ(こちらでは普通の建て方)。

正直言って、家自体は古びていてパッとしない。だけど、気に入ったのはキッチンのバーカウンターと「秘密の小部屋」。一番奥の寝室につながる形で、小さなスペースが設えてあった。窓の外には植栽も見えて、オフィスに良さそう。

Portland_house6

「秘密の小部屋」3帖くらい。クローゼット付。

広さ約90平米。2寝室、この広さで1.5バス(独立したトイレが浴室と別にある)は珍しい。地下に8帖くらいのドア付専用スペースがあり、倉庫はもちろん、スタジオとかワークルームにできそうだった。

家賃は月額$1,365。光熱費別。エリアと広さを考えれば安め。ただ、隣と2軒分(計7軒分)のゴミ出し任務があるとのこと。共同のゴミ箱を道路まで運び、収集後は片付ける。数があるし階段だし、何より留守にする時もあるので、結構難しいかもと思った。結局は個人的な事情によりキャンセル、手付の500ドルを捨てることに・・・(泣)。久々にピンと来た物件なので残念ではあったけど。

Near SE Belmont, Portland, Ore

—–

ポートランドの住宅事情に興味のある方のために、売家として見た時の価値を調べてみたので、参考なれば(売りに出てはいません)。

- Area:Sunnyside(ポートランド市内SouthEast地区)- Built: in 1908(築106年)- 土地面積:330平米 – 建物床面積:196平米 – 4寝室、3.5浴室:現在は1階に2寝室住戸:1、2階に1寝室住戸:2)

- Zillow 価格で539,000ドル(1年前は466,000ドル)- 1軒貸しの予想月額家賃2,321ドル(実際は3住戸に割って貸しており、1階1,365ドル+2階の2住戸=たぶん計3,500ドル程度の家賃収入)現オーナーは20年前に購入、価格は不明 – 固定資産税:5,442ドル(2013年)

-このエリアの住宅価値(Zillow予測):来年4.1% 上昇(ポートランド平均が3.2% )。この家自体はエリア平均より29.3%高く、しかし平方フィート当たりは 10.8%低いとのこと。ただ、売家の少ないエリアであることが(ポートランドの平均より19.5%低、全米平均より44.2%低)、住宅価格を押し上げているらしい。

11 comments for “ポートランドの家探し:続編5

  1. 竹中正治
    12/02/2014 at 10:07

    この物件の賃料表面利回り:3500×12/539,000=7.8%
    経費差引後は推計ですが、家賃の10%程度は管理経費+修繕積立にあてるとすると
    3500×0.9×12/539,000=7.0%程度でしょうか。
    さらに税引き後では
    (3500×0.9×12-5442)/539,000=6.0%

    築1908年ですか!古いなあ、欧米ではこういう古い住宅も補修して住宅価値を維持しているんですよね。日本はやたらと建て替えるけど、建設会社のためにやっているようなもの。

    この住宅、補修しながらあと何十年寿命があるか、その点の判断が難しい・・・。

    • 百木
      momoki
      12/02/2014 at 11:58

      竹中先生! コメントありがとうございます。
      6.0%って、今の東京都心部よりちょっと良いとか? 
      想像ですが、この家の現オーナーが購入した時期には、この程度の家であればせいぜい130,000ドルくらいじゃなかったかと。というのは、その頃に知人がここから徒歩10分の隣のエリアに、築100年、もう少し小さな家を買ったのですが、8-9万ドルだったと聞いているので。ちょっとエリアが違っただけで価格もまったく違うこともありますけど、この家はそれ程グレードのあるタイプじゃないですよね。
      このエリアは、恐らくこの十年間だけで倍以上になっているはずです(タメ息)。

  2. 竹中正治
    12/02/2014 at 13:18

    東京には修繕、改築しながら、築100年という住宅がないので比較が難しいんです。
    問題は住宅としての寿命が価値を判断するうえで重要です。
    それはchapter2以降で説明致します。

    ああ、それとchapter1のコメントと質問、今晩返事致しますね。
    私も書き間違いも含めてわかっているじゃないですか(^_^;)
    これなら大丈夫ですよ。

    • 百木
      momoki
      12/02/2014 at 13:43

      >東京には修繕、改築しながら、築100年という住宅がないので比較が難しい
      そう、ありえないですよね。

      実は、こんなこと言っては何ですが、この家も前の借家も、オーナーがメンテ費をケチっている感があります。テナントが変わる時にプロの掃除や修理人を入れないで、自分でちょこっと掃除して終わり・・・。その状態で何年も貸し続けていると、家ってやっぱりくすんできますよね。そういう手入れの悪さが、いつの間にか大きな価値の差になってる気がします。

      以前、ポートランドの友人の家探し(購入)に付き合った時、高齢の女性が住んでいた家を見たことがありました。一人暮らしがキツくなったので売るというのですが、その方が室内や庭をとても綺麗にきちんと整えていて、家全体がすっきり気持ちいいのです。これなら全体に不備はなさそうだなーと感じたのを思い出しました。

  3. イノウエ
    03/06/2015 at 19:47

    ”家探し”はドラマですね!住む家を探すのは素敵な出会いでもあるのだなと思いました。
    落ち着いた家の造りと、ポーチのある玄関、淡い色合いの外装材を見ていたら、あっ!
    そういえばどこかで見のはと思い出してみると、ガス・バン・サントの映画でした。

    https://www.youtube.com/watch?v=fQPDZulp0qc

    この映画を見て「ポートランドに行こう!」と思ったのは私だけですかね?

    • 百木
      百木
      03/07/2015 at 00:32

      イノウエさん

      予告編、知ってるような風景が沢山出てきます。アーチ型の橋はFremont Bridgeで、以前のアパートの窓からよく見えました。ガスはポートランドに住んでいるので、いろいろここで撮ってますよね。エレファントやパラノイアパークは、キャスティングもほとんどポートランドの子達だし。
      今住んでいるアパートのすぐ近くに懐かしい「ドラッグストアカウボーイ」に使われたコの字型のアパートもあります。それとここも!「ロケ地はポートランド」(←リンク張ってます)

  4. イノウエ
    03/09/2015 at 12:43

    ああーここで若かりし頃のマット・ディロンが演じていたのですね、感無量です。
    それにしても、映画 Restress で演じていた少年、どこかで見た顔だなぁと思って
    いたら、デニス・ホッパーの息子さんだったのですね、目鼻立ちがいっしょだなと。
    加瀬亮という俳優さん演じる特攻隊員の亡霊?も違和感なくポートランドの風景に
    収まっていたのが印象的でした。二人はずいぶん年齢差があるのですが、こういう
    時、東洋人は年齢よりも「若く見える」のだなーと思ったのですよ。画面の色が秋
    から冬にかけての低い太陽高度が織りなす”オレンジ色の色合い”が好きです。

    • 百木
      百木
      03/10/2015 at 02:30

      イノウエさん

      実はこのRestressは見てなかたのですが、これデニス・ホッパーの息子さん、なるほどー。いい顔立ちですね。もう3年くらい前ですが、ニューヨークの美術館で My Private Idahoのメイキングをやってました。今は亡きリバー・フェニックスの美しさが際立っていて、やっぱりガスは美少年が好きなんだなーとつくづく思いましたね。

      ところで、イノウエさんはバイクに乗られるとのことでしたが、ポートランドのブランドで、RenovoとかPortland Design Worksとか聞いたことありませんか? この4月に日本でディストリビューターを探すのにあたって私もちょっと協力したいと思っていて、日本のバイク業界のことを知りたいと思っています。

      • イノウエ
        03/10/2015 at 08:29

        Portland Design Worksは知っています。洗練されたブランドですね。
        renovo は知りませんでした。木製のバイク!確かオレゴン州のブランド
        で美しい合板の「泥よけ」を作っている有名なブランドありますよね。
        二日ほど時間を下さい。

  5. イノウエ
    03/10/2015 at 17:42

    さて、各地区の雰囲気について質問です・・・
    6月に2週間ポートランドに滞在するのですが。宿泊先に候補にあがった面白
    そうなAir Bnbの中より、さあ、いい加減に決めなきゃ!と突き動かされており
    ます。学校施設がサウスイーストエリア(ラダス ローズガーデン近く)自転車
    で市内を移動する予定なのですが、それでもできるだけ宿は近い方が良いもので
    しょうか?「空いた部屋を貸す」という目的のためかダウンタウンには少なく、
    ノースエリアかノースイースト地区(または空港近く)に集中していて考えあぐ
    ねてしまいます。ミシシッピAve・マーチンルーサーキングBlvdに挟まれた
    ぼい「ボイジー地区」はなんだかワクワクするようなお店が多いみたいですが
    ここはどんな雰囲気の地区なのですか?また、ここから毎日サウスイースト
    エリアまで自転車通いは可能なものでしょうか?普段、自転車で8kmの距離
    (自宅ー事務所)を往復しているのですが、アドバイス頂けると助かります!

    • 百木
      百木
      03/11/2015 at 03:07

      イノウエさん

      自転車なら少し離れていても問題ないと思います。毎日8kmも往復されてるなら軽いもんでしょう!

      ダウンタウンにステイする必要はまったくなく、お薦めしません。空港近くもできれば避けたいですね。
      ミシシッピAve付近はおっしゃるようになかなか面白いエリアですし、NE、SE共に82ndより西側であればいいんじゃないかと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です