365 Portland

ポートランドのビンテージ。

ポートランドのビンテージビンテージか、アートか、ただのゴミか、価値は自分で決めるもの。

Vintage, art or just junk, the value depends on your taste.

古い物を大事にするポートランドでは、ビンテージやコレクティブルズの店、スリフト・ショップ(中古品屋)がたくさんある。ビンテージは製造されて50年以下、コレクティブルズは収集品ということになっているけど、イメージとしてはアンティークより普段着な感じで、キッチュな味わいがある物が多い。新品にもディストレスト加工というのを施して、わざと古びさせたりもするし、復刻版も多い。

SEポートランドのインテリアショップ Rejuvenationの店先に置いてあったこの椅子。どこでも見かける定番のガーデンチェアだけど何度も塗料を上塗りし、挙句ぼろぼろに剥げてしまったらしい。その剥げっぷりがすごくて、もうアートの領域と判断されたらしく、新品より大分高い値段で売りに出ていた。

この店は住宅の照明と金物を主商品としていたが、今は総合インテリアショップのようだ。レトロデザインの商品とビンテージが共存していて、見て回るのはなかなか楽しい。値段がポートランド的じゃないのが残念だけど(つまり高ーい。私には、ですが)。

ポートランドで面白いのは中古と新品が混ざって売られていること。インテリアだけじゃない。本でもCDでも、区別なく一緒に並べられていて、買い手が好きな方を買っていく。それはなかなかいいシステムだと思う。

Rejuvenation, SE Grand Avenue, Portland, OR

ポートランドのビンテージ2

店内。60年代に人気のあったガラス食器ジェダイシリーズの復刻版をディスプレイしている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です