365 Portland

ポートランドのレコード屋。

ポートランド・ジャックポットレコード。小さな街にたくさんのレコード屋。ビニールは永遠なり。

So many indie record stores in Portland. Vinyl  is forever!

今のウチから歩ける範囲でも5、6軒。ポートランドは本当にレコード屋の多い街だ。独立系のショップだけで市内に二十数軒はあるらしい(もっとも大手チェーン店がポートランドにあるとは思えないけど)。中でもMississippi Recordsは「全米レコード屋10ベスト」と「死ぬまでに行くべき世界30のレコード屋」というセレクトにもランクインしている。

実はレコード・プレーヤーというものをもう持っていないから、本当言うとレコード屋のことはよく分からない。20年くらい前に買い直して手持のレコードを片端から聴き返したけど、それも一時的マイブームで終わったきりだ。今は箱詰めにして日本の家族の物置に放置している。それほど没入していた訳ではないけれど、それでもレコードってとても大切なものだった。ダウンロードするんじゃなくて、レコード屋でパタパタと気になる一枚を探すっていいよね。

トーマス・ローダーデールが由紀さおりを発見したのはポートランドのレコード屋だというのは割と知られた話。写真は近所のJackpot Recordsの店頭。ビリー・ジョエルのプロモーション盤1ドル。「ビニールは永遠なり」という文言がポートランドに合っている気がする。

地元紙「オレゴニアン」の選んだポートランドのレコード屋10ベストはこちらです。

ポートランドのレコード屋

Jackpot Records, 3574 SE Hawthorne, Portland, OR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です