365 Portland

バレル・エイジドのクラフトビール。

クラフトビール冬の〆は、バーボン・バレルの麦のワインで。

クリエイティブでフレーバー豊かな、実験的クラフトビールを作り続けるポートランドの「ブレークサイド・ブルワリー」。ブルーマスターのベン・エドムンズはエール大卒の元教師。自宅での趣味のビールづくりが高じてプロになってしまった変わり種です。

この冬の限定だった「バーボン・ウッディ」はバーボン・ウィスキーの樽で寝かせたビールで、アルコール度はなんと10.5%! もはやビールとは言えないアルコール度で、こうしたビールはバーレーワインと呼ぶそうです。麦(barley)のワインという訳ですね。冬はこうした濃厚なビールはいいもの。でも、暖かくなってくるとちょっと重いので、そろそろ春らしいビールに移行しなくては。

いつもいろいろチャレンジして、都会的で遊び心もあるビールを飲ませてくれるベン、来冬はどんなビールをつくってくれるかな。日本のビールファンにも注目してほしいブルワリーです。
My last winter beer, Bourbon Woody ABV10.5% from Breakside Brewery, Portland, OR.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です