365 Portland

ポートランドの交通事情 [バス]

ポートランドのバスバスに乗ると、どこの国にいるのか分らなくなる時がある。

ポートランドは人口の3分の2強が白人で、西海岸にしてはアジア系もそう多くない街だ。「31アイスクリームでいえば、24種類はバニラ・フレーバーだ」と、すごい表現をしているサイトがあるが、確かにレストランや街中ですれ違うのは白人が圧倒的に多い(白人といっても更に「分類」はあるが)。ところがバスに乗ると、これが様変わりする。それは様々な顔立ちと雰囲気の人々が同乗しているのだ。年齢・性別もいろいろ。

ポートランドの公共バス機関TRIMETは多くの路線を持っており、市内に住んで単路線を利用する分にはあまり不便はない。$2.50で2時間乗り放題、1日券$5。郊外への路線は2両連結なので、かなりのキャパがある。

座席は横並び式で、前方と中央に10席程度の縦の座席があり、そこが優先席。車椅子の人が乗車したら座席を跳ね上げて固定できるようになっている。車椅子での利用はとても多い。バス停に車椅子客が待っていると、バスは車体をズズズと傾け、橋渡しの板がスライドするように出て来る。盲導犬利用の人、歩行器の人も多い。

また、自転車の場合はフロントガラスの下辺りに自転車を固定する機械が付いているので便利だ。アメリカでは車と電車の組合せ利用をPark&Rideといって各地で推奨しているが、ポートランドではPedal&Rideも盛んみたいだ。

私もバスはよく利用するが、最近気がついたこと。バス利用客には黒い服の人が多い(自分も含め)。これ、ニューヨークでもそうだったと思い出した。なぜでしょう。

3 comments for “ポートランドの交通事情 [バス]

  1. Kouhei Yamauchi
    01/31/2014 at 03:55

    黒い服着たモモちゃんの姿が浮かびます。ステキです。

    • 百木
      365portland
      02/05/2014 at 14:19

      東京でもいつも黒服でしたよね、わたし・・・

  2. クミコ
    02/04/2014 at 21:34

    車内は赤や黄色とビビッド。吊革の数が少ないのは、ほとんどの乗客が座れる証し?
    自転車ごとバスに乗れるっていいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です