365 Portland

ポートランド

ポートランドのローカルフード。

蜂蜜ポートランド・ローカルの蜂蜜で春を祝おう。

ポートランドに来たことのある方は、このパッケージとロゴに見覚えがあるかも知れない。スタートしてわずか3、4年でポートランド・メイドの蜂蜜の「顔」になったBee Local。空港内のMade in Oregonやポートランド産の品物を集めたセレクトショップMade Here PDXにも常時置いてある。

ここの蜂蜜は加熱処理や精製していないローハニー(Raw Honey)。当然、混ぜ物は一切ない純度100%のハニーで、蜂蜜はポートランドと周辺でコレクトされた出自の明らかなものだ(その地名がネーミングに表されている)。

Made Here PDX店頭にずらり並んだBee Localの蜂蜜。定番と折々のスペシャル商品がある。

Made Here PDX店頭にずらり並んだBee Localの蜂蜜。定番と折々のスペシャル商品がある。

2010年頃からポートランドでは自宅の庭にビーハイブ(養蜂箱)を設置する人が増えている。こうした人々をバックヤード・ビーキーパー(Backyard Bee Keeper)と呼ぶそうだ。庭で野菜や果物を育てるのはポートランドではごく普通だが、養蜂とはまた特殊な気がする・・・が、よく考えると、何だかそれもポートランド的ではある。

Bee Localのファウンダーも元々バックヤード・ビーキーパーで、蜂蜜の個性や魅力に取り憑かれたことが発端となってハニービジネスに参入した。そして周囲の人達に「みんな、蜂育てようよ」という感じでBee Keepingを推進して来たらしい。そんな訳でポートランドの平均ビーキーパー歴は3、4年以下と浅く、養蜂は冬越えが難しいこともあって、歴史的寒さだった今冬どうなったかが心配ではある。

養蜂箱

バックヤードに積まれた木箱、これが養蜂箱 Beehive。

一方、日本の蜂蜜は国産のものは5%程度しかなく、8割くらいが中国産のレンゲ蜂蜜、1〜2割がカナダ産、ニュージーランド産のアカシアなど。蜂蜜業界って結構な利権があって文字通りドロドロした世界らしく、糖類等の混ぜ物をしながら偽装販売している製品もかなりと読んだことがある。

それはともかく、みんなが庭で蜂蜜を集めて、それを近隣コミュニティで販売するなんて何だか微笑ましくていいなと思う。当然、花の蜜がたくさんないと成り立たない訳で、豊かな植物環境を維持することにつながりそうだ。Bee Local以外にもポートランドには地元産の蜂蜜は多い。

ポートランド市内から30分くらいのラベンダー・ファーム。華やかな香りとさらりとした風味のラベンダーハニーを作っている。

ポートランド市内から30分くらいのラベンダー・ファーム。華やかな香りとさらりとした風味のラベンダーハニーを作っている。

さて、そのBee Localの蜂蜜のお味はというと、これがかなり美味しい。コクがあって濃厚で、滋養に富んだ味わい。日本でも取り寄せられるので、興味のある方はぜひ。誰にでもお薦めできる定番はブラックベリー&ブルーベリーのPortland Farmland、私は少しワイルドな滋味のあるOregon High Desertが気に入っている。スモークハニーなんていうユニークなのがある時も。

244g入り12-13ドル、638g入りのラージは22ドル程度。ラージは2.5倍量なので、おトクだ(ボトルジャーがとても使いにくいのは難点)。日本への送料は航空便で一律18ドル。一瓶ではとても高くついてしまうのだけれど。

蕎麦から採れた黒い蜂蜜Oregon Buckwheat。チーズに添えたり、リブなどのBBQソースに混ぜるとよさそうだ。

蕎麦の花の蜂蜜Oregon Buckwheat。黒々とした見た目と濃厚な風味が特徴。チーズに添えたり、リブやBBQソースに混ぜるとよさそう。

*蜂蜜を舐めながらノンビリこの記事を書いた後、念のために調べたら、Bee Localは2年前にポートランドのグルメソルトで有名なJacobson Saltに既に買収されていたとか。なーんだ。冒頭に「春を祝おう」なんて書いたのにすいません。つい最近まで開いていたBeeLocal.comはいま閉鎖中だが、Jacobson Saltのウェブショップで購入できる。https://jacobsensalt.com/

関係ないけど、アメリカでよく見かけるこのクマちゃんのボトルハニー、使いやすいので詰め替え用にしている。これはオレゴンのGlory Beeというメーカーのもの。

Bee Localにはないけど、アメリカでよく見かけるこのクマちゃんの蜂蜜ボトル、使いやすいので詰め替え用にしている。これはオレゴンのGlory Beeというメーカー。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ②

IMG_2823のんびりネイバーフッドの古いソーセージ屋さん。

去年、ガイドブックで紹介できなかった場所の一つ、東南地区のウッドストック。スティーブ・ジョブスも通ったリード・カレッジから東に1キロ程行ったところにある。3年くらい前まで取り立ててどうということもなかったが、ポートランドが人気都市になるに連れ注目され始めたネイバーフッドの一つだ。

365ポートランド、ご無沙汰しました。

IMG_6167旧正月、おめでとうございます。

随分長らくご無沙汰してしまいました。ほぼ半年ぶりとなります。すみません。どうしたのとメールしてくれた方、今こうして見てくださっている方、本当にありがとう。

一体、この六ヶ月何をしていたかというと、ひと言で表すなら「闘病」ということになるかと。

ポートランドの夏のイベント1

IMG_5073西陽の中、ステージ上にはドクター・ジョンが・・・見えかくれ。<ポートランド・ブルース・フェスティバル>

Dr.John stage at Tom McCall Waterfront Park.

ポートランドの夏の恒例イベントでも歴史が長い定番の一つが「ポートランド・ブルース・フェス」。昨年はパスしたので、今年は2回も参加した。

5月、天王洲アイルでポートランド。

PopUpPortland20165月、天王洲アイルにて「ポップアップ・ポートランド2016」を開催。

日本でまだ紹介されていないクラフトブランドや、ポートランドにまつわるトークやワークショップなどが満載のイベント「Pop Up Portland 2016」。会場は東京の天王洲アイルのウォーターフロント。インダストリアルな雰囲気がまさにポートランド的です。

ポートランドのレコード生活。

belmontrecord1ポートランドにて人生3度目のレコード生活、このレコードも同じの買うの3度目。

My third vinyl life in Portland, and my third this one.

長年、昔のレコードは全部箱詰めにして、母親の納戸に預けっ放しだった。でも、めっきり音楽を聴かなくなった最近になって感じる。音楽を一番大切思っていたのはレコードを掛けていた時だったと。

ポートランドのクラフトビール。

breakside「PORTLAND DAYS クラフトビールから見えてくる、ポートランドという自由。」寄稿しました。

ACCETORYに連載している「あなたの知らないポートランドへ。」第3回目は、ポートランドのクラフトビールのこと。ビールそのものより、そこから感じられる街の風土、人々の気質にフォーカスしました。長めなのでお時間のある時にでも。下記のリンクです。

ACCETORY Portland Days