365 Portland

ポートランド

365 Portland を訪問して頂いた皆様へ

2018年10月13日、制作者である百木俊乃が膵臓癌のため他界いたしました。

2年2ヶ月に渡る闘病生活でしたが本人の意志で標準治療は行わず、いつも明るく最後まで希望を失うことなく、まるであちらへキャンプにでも行くように旅立って行きました。

ポートランドを心から愛し、その地での暮らしを最後まで多くの人に伝えられたことは、彼女にとって大きな喜びであり、少しでも皆様に思いが届いたものと信じています。

報告が遅れましたことをお詫びするとともに、これまで本ブログをご愛読頂きましたことを心から感謝いたします。ありがとうございました。

夫 大河内 忍

ポートランドの本、改訂版出ます!

2016年7月刊行の原稿バージョン。

こちらは2018年7月刊行の初版。カバーも変わるかな?

7月、「緑あふれれる自由都市ポートランドへ」(イカロス社刊)が新しくなります。

みなさま、またまたご無沙汰ですみません!私はいまだ深く潜航中でおりますが、夏に向けて少しずつ上昇できればと思っています。陸に上がるまでにはもう一山、ふた山ありますが、なんとか乗り越えていきますので、どうか長い目で見て頂ければありがたいです。

さて、拙著「緑あふれる自由都市ポートランドへ」が出版されて2年。ポートランドは急速に様変わりしつつあります。この間に取り壊しや閉店した店がいくつもあるのには愕然です。反面、この街をポートランドらしく維持してきた草の根の魅力的なエネルギーはまだまだ健在とも思われます。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ②

IMG_2823のんびりネイバーフッドの古いソーセージ屋さん。

去年、ガイドブックで紹介できなかった場所の一つ、東南地区のウッドストック。スティーブ・ジョブスも通ったリード・カレッジから東に1キロ程行ったところにある。3年くらい前まで取り立ててどうということもなかったが、ポートランドが人気都市になるに連れ注目され始めたネイバーフッドの一つだ。

365ポートランド、ご無沙汰しました。

IMG_6167旧正月、おめでとうございます。

随分長らくご無沙汰してしまいました。ほぼ半年ぶりとなります。すみません。どうしたのとメールしてくれた方、今こうして見てくださっている方、本当にありがとう。

一体、この六ヶ月何をしていたかというと、ひと言で表すなら「闘病」ということになるかと。

ポートランドの夏のイベント1

IMG_5073西陽の中、ステージ上にはドクター・ジョンが・・・見えかくれ。<ポートランド・ブルース・フェスティバル>

Dr.John stage at Tom McCall Waterfront Park.

ポートランドの夏の恒例イベントでも歴史が長い定番の一つが「ポートランド・ブルース・フェス」。昨年はパスしたので、今年は2回も参加した。

5月、天王洲アイルでポートランド。

PopUpPortland20165月、天王洲アイルにて「ポップアップ・ポートランド2016」を開催。

日本でまだ紹介されていないクラフトブランドや、ポートランドにまつわるトークやワークショップなどが満載のイベント「Pop Up Portland 2016」。会場は東京の天王洲アイルのウォーターフロント。インダストリアルな雰囲気がまさにポートランド的です。