365 Portland

ポートランド的人々

= 365PortlandのTwitter=セントラルオレゴンの旅2

IMG_1410【Twitter+】セントラルオレゴンの旅2

拙著「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の今回の2018年新版が、120ものメディアに取り上げられてると聞いて舞い上がちゃいました。

さて、ミリカンを離れ中央オレゴンの旅は続く・・・と不意に見れば、キャンプ場じゃない森の奥にこんな方達が。どうやって降りたんだろうな。結構土手の下なんですけどね(私は徒歩で降りました)。

「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の最新版、8/3発売!

ポートランドガイドブックやっと決まりました!「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の最新版、アマゾン、書店で8月3日同時発売です。

ポートランドはすっかり人気都市となって随分変わってきて、私が好きでフィーチャーしたようなローカルの小さなショップは次々閉鎖に追い込まれ、とても寂しいです。今回はその差し替え分も含め20ヶ所くらい新たなスポットを加え、データも全面的に更新しました。

ポートランドのストリート・アーティスト。

Jeremy10ストリートをさすらうポートランドの吟遊詩人。

アーティストが様々なパフォーマンスを繰り広げるポートランドの街角。やっぱり音楽とビジュアルアートが中心だけれど、きょう紹介するのは全く異色のストリート・アーティスト、ジェレミー・M・ブラウンロウ。彼はストリートに現れる吟遊詩人だ。自転車に古いスミスコロナのタイプライターを積んで、ストリートからストリートへ。あるいはブロック・パーティへ(※通りを塞いで開催するネイバーフッドのお祭りイベント)。はたまたスーパーマーケットの売場へ。現代の吟遊詩人は神出鬼没だ。

ポートランドのスピリチュアル。

tarotアメリカ第一の無宗教な街のよりどころ。

ポートランダーは教会に行かない。知っての通りアメリカはキリスト教国家で、大統領就任時にだってバイブルに手を置いて宣誓するし、今でも学校では「ただ一つの神のもとで」みたいなプレッジをやるところは多いはず。そういう国柄でありながらポートランドは宗教的無所属層42%(全米主要30都市で最高率)。実感ではこの割合はもっと多いかもしれない。

ポートランドガイド本、書きました!

pdx-book新しいポートランド・ガイド「緑あふれる自由都市ポートランドへ」。ようやく発売間近!

New Portland guidebook all pages by me will be published soon!

ようやく、本当にようやく。ポートランドのガイドブック、入稿した! 発売はAmazonで今月末、書店が7月4日頃とか。日本でのポートランドのイベントも重なり、すっかりブログの未更新が続いたのに、忘れないで覗いてくださった方々にお礼を言いたい。お陰で、心くじけずに何とか書き上げることができました!