365 Portland

ポートランドの日常

ポートランドに泊まる【その3】

IMG_7402キッチン付の宿のすすめ。

前回につづき実用的な旅情報をーーー

ポートランドでガイドブックを片手に素敵なレストランを片端から楽しむのもいいけど、ローカル食材が魅力的な街だから、キッチン付の宿であればさらに滞在が面白いものになると思う。ということで、キッチン付き宿泊施設に泊まる際のトラベル・チップを。

ポートランドに泊まる 【その1】

Tinyhouse1

バックヤードの小さな家、そしてタイニーハウス・ホテル。

ポートランドでは小さな家にもバックヤードがある。住宅を建てる場合、アウトドア・エリアの最低面積を約23平米(約7坪)確保することが決まっているからだ。これは家の周りの隙間の合計ではなく、一辺4m程度の四角形がすっぽり入らなくてはいけないのだそう。つまり家の大きさに関わらず、14帖以上の庭がある感じ。

ポートランドの名刺。

IMG_4085ポートランドでつくる名刺、肩書きに悩んだ話。

*一年くらい前の個人的な話で恐縮ですが・・・
ポートランドでは活版印刷がとても盛んだ、その草分けで友人でもあるEgg Pressが、好意で名刺をつくってくれるという。でも、先延ばしにしていた。肩書きをどうするか悩んでしまったのだ。

ポートランドの医療のこと。その1

ポートランドの医療ポートランドの未体験ゾーン、病院生活は驚きの連続だった!

去年の夏、ある日突然へんてこな病気というか、かなーりヤバイヤマイの可能性を示唆され、あっという間に大重病人になってしまった私。まさに「青天の霹靂」というやつ。それからは治療のためにあちこちへ移動し、いろんなことを考えた。そしてこの半年間、自分自身にもだけど、アメリカと日本の医療のあり方に様々に驚く日々を過ごした。

ポートランドの高級化。

TannerSprings3

ポートランドの再開発成功事例と言われるパール地区。マンション群とタナースプリングス公園

全米一の「高級化都市になってしまったポートランド。これからどこへ行くのだろう。

ポートランドが人気都市となって起こる問題。その最たるものが「ジェントリフィケーション」だ。これは文字通りには、パッとしないエリアを再開発して「良く」すること。それはつまり高級化する訳だけど、その結果として、

ポートランドのアンティーク。

IMG_5344アメリカ最大というポートランドのアンティーク・ショー。Antique & Collectible Show, Portland EXPO Center

歴史の浅いアメリカだけど、だからこそ古い物に惹かれるのかも。個人的にはアンティークよりコレクティブルが面白い。「何これ?」というワケの分らないアイテムを仲良く品定めする親子でした。

ポートランドの夏のイベント1

IMG_5073西陽の中、ステージ上にはドクター・ジョンが・・・見えかくれ。<ポートランド・ブルース・フェスティバル>

Dr.John stage at Tom McCall Waterfront Park.

ポートランドの夏の恒例イベントでも歴史が長い定番の一つが「ポートランド・ブルース・フェス」。昨年はパスしたので、今年は2回も参加した。