365 Portland

ポートランド一日遠足

=365PortlandのTwitter=セントラルオレゴンの旅4

IMG_1442【Twitter+】セントラルオレゴンの旅4

実を言うと、見て欲しかったのは動画なんだけど、なぜかこのブログに上手く載せられないので、興味のある方はツイッターを見てみてね。(*Read Moreのマークの出ない方、一番上の赤いタイトル「=365PortlandのTwitter=セントラルオレゴンの旅4」か、こちらのリンクをクリックしてください)

あれ、こうしたらちゃんと見れるなー。ワケがわからん。すいません、テクノ・リテラシーが低いもので。誰か助けてほしい。

それはそうと、なかなか乾いた西部っぽい景色でしょ。こういう雲の表情を見る時、「ああ、大陸の雲だなあ」ってよく思います。

= 365PortlandのTwitter=セントラルオレゴンの旅3

Millican Store【Twitter+】セントラルオレゴンの旅3

キャンプの続きも書かないといけないんだけど、ツイッターにちょっと書いたセントラルオレゴン、結構おもしろいかもなので、すいません、もうちょっとだけ。順序的にはこっちの方が前回のキャンパーより前でした。

セントラルオレゴンの旅1」で書いた町で唯一だったという「ミリカン・ストア」はゼネルアルストア(食料品や日用品を売るコンビニエンスストア。田舎町には必ず1軒ある)がメインだった。

= 365PortlandのTwitter=セントラルオレゴンの旅2

IMG_1410【Twitter+】セントラルオレゴンの旅2

拙著「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の今回の2018年新版が、120ものメディアに取り上げられてると聞いて舞い上がちゃいました。

さて、ミリカンを離れ中央オレゴンの旅は続く・・・と不意に見れば、キャンプ場じゃない森の奥にこんな方達が。どうやって降りたんだろうな。結構土手の下なんですけどね(私は徒歩で降りました)。

「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の最新版、8/3発売!

ポートランドガイドブックやっと決まりました!「緑あふれる自由都市ポートランドへ」の最新版、アマゾン、書店で8月3日同時発売です。

ポートランドはすっかり人気都市となって随分変わってきて、私が好きでフィーチャーしたようなローカルの小さなショップは次々閉鎖に追い込まれ、とても寂しいです。今回はその差し替え分も含め20ヶ所くらい新たなスポットを加え、データも全面的に更新しました。

ポートランドのアウトドア生活。❸

Signポートランドから行くキャンプ場 ❶:
Champoeg State
Park シャンプーイ州立公園

あんまり前置き的な話ばかり続くのも何なので、ここで一つキャンプ場案内も入れようかなと思う。この連載は気軽なキャンピングを念頭に置いているので、キャンプ場もポートランドから程近い所を紹介しよう。

ポートランドのアウトドア生活。❶

DeschutesRiver その1「まずは1泊キャンプに挑戦する。」

アウトドアはポートランド生活の一部。
緑あふれる街、ポートランド。その周りはぐるりとオレゴンの大自然に包まれている。東にカスケード山脈、西に太平洋、深い森や林、たくさんの川と湖・・・。前にも書いたようにポートランド圏の周囲は「都市成長境界線(UGB) 」という開発のボーダーラインが決まっていて、その外側の自然環境が保たれている。自然が身近だからアウトドアが生活の一部であり、街と自然のどっちも好きな人にとって居心地のいい場所となっているのだ。

ポートランド的夏の楽しみ方。

Driftwood Fort1オレゴン名物になった「流木の家」たち。

Driftwood Fort is one of the highlight attractions of summer in Oregon.

ポートランドから海や河に遊びに行った人は、どこかで見たかも知れない。これはドリフトウッド・フォート(Driftwood Fort:流木の要塞の意)と呼ばれる流木を組んだ掘っ建て小屋で、言わば子供の頃に作った基地みたいなものだ。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ①

IMG_3127昨年出版された拙著「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」はページ数や編集方針上、十分に載せられなかったテーマや場所がいろいろあった。ふと思いついて、せっかくだからこのブログで少し紹介してみようかと。で、早速。きょうはポートランドの南、アンティークで知られる街Aurora(オーロラ)を写真中心で見てください。