365 Portland

公園に行こう

ポートランドの紅葉 =その2=

こちらはローレルハースト・パーク。湖畔のオークの下で読書などすると、しっとりと秋気分。

【 Twitter+ 】
オークの落葉がいっぱいになると、ポートランド秋も終わりに近づいている。

As the fallen leaves of Red Oak become full on the ground, the autumn of Portland is also approaching the end.

さまざまな樹木たちの色とりどりの紅葉が終わり、ポートランドの道という道は落葉で埋め尽くされる。枯れたオークの茶色の落葉は地味ではあるけれど、形がユニークだし、味わいがあって私はなかなかいいと思う。
上の写真は東南のローレルハースト・パーク。湖畔でオークの落葉に包まれて読書などすれば、しっとりと秋気分。

Woodstock Park

こちらはウッドストック・パーク。それほど広くはないけど、背の高い木々に囲まれていて良い雰囲気。やや勾配があって、のんびり歩きたくなるネイバーフッドの公園。

ポートランドのオークは日本の楢とはちょっと違って、たぶんNorthern Red Oakという種類だと思う。White Oakという柏の葉みたいに葉っぱの切れ込みが丸いタイプのもあるけれど、これはギザギザが尖っているRed Oakの方。どちらも円っこい可愛い団栗がなる。

茶色く乾燥したオークの落葉。

茶色く乾燥したレッド・オークの落葉。微妙な褐色のグラデーションもなかなか美しい。

オークの落葉はカサコソと踏みしめて歩くのも楽しい。乾いた音がいいし、少しカールして踏んだ時に温かみのある弾力が感じられる。華のあるメープルの紅葉ももちろん美しいけれど、晩秋を象徴するような渋いオークの落葉も捨て難いなといつも思う。

NWメープル赤

こちらはぐっと華やかなメープルの紅葉グラデーション。やっぱり美しいかもネ(笑)。NWのノブヒルの住宅街で。

オークやメープルは日本では家具やフローリングの材料としてよく知られている。木目が美しく丈夫だから人気があるのも当然だろう。ポートランドを訪れた知人がオークの木を見て、それまでどんな樹木か全然知らなかったと言っていた。

ポートランドの南、ウィラメット川流域の公園で。

メープルの落葉。ポートランドの南、ウィラメット川流域の公園で。

特に都会で暮らしていると、素材がどんなものか関心が薄れてしまうところがあると思う。たぶん、それは食べ物とか何でも一緒ではないだろうか。かく言う私も東京で生まれ育ち、少女の頃から花や自然が大好き・・・なんて信じていたけど、ポートランドに来て何一つ知っちゃいなかったことに気が付いた。
暮らしの中で接するものがどんな風に生まれ、そこに在るのか。あるいはどう育って自分の所にやってきたのか、その旅路に関心の持てる生活をしていきたいなと思う。

Northern Red Oak

雨上がりのトレイルで。濡れたオークの落葉が何やら神々しい光を放っているように見えた。

Amazonで予約注文開始になりました。

イメージやっと校了!ポートランドのガイドブック、遅くも7/8には。My PDX Guidebook can be reserved at Amazon now!

ポートランドのガイドブック、アマゾンで予約開始になりました。「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」(イカロス出版)。当面ポートランド訪問の予定がない人でも楽しめる内容です(たぶん)。

それはそれとしてですね・・・上の写真は何の関係もないのですが、この方、先日ウチの近所の公園を散歩していたら、通りすがりの木で

ポートランドガイド本、書きました!

pdx-book新しいポートランド・ガイド「緑あふれる自由都市ポートランドへ」。ようやく発売間近!

New Portland guidebook all pages by me will be published soon!

ようやく、本当にようやく。ポートランドのガイドブック、入稿した! 発売はAmazonで今月末、書店が7月4日頃とか。日本でのポートランドのイベントも重なり、すっかりブログの未更新が続いたのに、忘れないで覗いてくださった方々にお礼を言いたい。お陰で、心くじけずに何とか書き上げることができました!

日本でポートランド。

Paul Banyan<お知らせ> 11/21(土)、東京の手紙社でポートランドのお話をすることになりました。

My Portland talk event at Tegami-sha Coffee House in Tokyo on Nov. 21st.

手紙社の「表現の学校」の一つとして行います。テーマは「ポートランドの本当の魅力、本当の暮らし」。

ポートランダーにとっての公園。

WashingtonPark連載第9回目はポートランダーに学ぶ、都市公園の使い方。

ACCETORYに連載しているPORTLAND DAYS[あなたの知らないポートランドへ]。今回はポートランド暮らしのマストアイテムとも言える公園のことを書いてみた。ポートランドの一人当たりの公園面積は、東京の約10倍。小さな街に280も公園があって、人々は公園が大好き。何と言ってもタダでのんびりできて、緑もいっぱいなのだから。公園はみんなの共有物という意識が高いのもポートランドの特徴だと思う。

よかったら読んでみてね。下記のリンクからどうぞ。

ACCETORYマガジン [Portland Days] Vol.9

ポートランド・スクールバス遠足!

Short Bus1「この夏ポートランドへ。」10人集まれば、スクールバスで行けそうです。

Wanna go around PDX by “school bus”? Why not!

ポートランドのかわいい学校バスに乗って、どこか行きませんかと書いたら、何人もの方からメールやコメントを頂きました。調べてみたら、このバス、結婚式やパーティやいろいろ楽しく使われています。それで、ほんとうに計画してみようかと!

この夏、ポートランドへ。

Laurelhurst1

「公園」は、ポートランド生活のキーワードかも知れない。

“Park”, it’s one of keywords to live in Portland.

ポートランドは小さな街だけれど、いい公園がたくさんある。ここでの暮らしに公園はすごく重要で、年齢を問わず誰もが日常的に利用している。それはお気に入りのカフェに行く感覚に近いと思う。でも、ガイド本にはお店情報はいっぱい載っているのに公園についてはほんの少し、ちょっと寂しい。