365 Portland

ポートランド街歩き

ポートランドのスピリチュアル。

tarotアメリカ第一の無宗教な街のよりどころ。

ポートランダーは教会に行かない。知っての通りアメリカはキリスト教国家で、大統領就任時にだってバイブルに手を置いて宣誓するし、今でも学校では「ただ一つの神のもとで」みたいなプレッジをやるところは多いはず。そういう国柄でありながらポートランドは宗教的無所属層42%(全米主要30都市で最高率)。実感ではこの割合はもっと多いかもしれない。

では、みんな不信心者で、神なんて何とも思っちゃないのかっていうと、やっぱりそんなことはない。特定の宗教や宗派に属していなくても、「それぞれが自身のスピリチュアル・パス(精神・魂の道筋)を求めている」。そう語ったのは、実はノースウェストのノブヒル地区にあるスピリチュアル本屋「ニュールネッサンス・ブックショップ」のオーナー、ジェレミーさんだ。

ノブヒル地区にあるルネッサンス・ブックストア。ポートランドのスピ殿堂。

ノブヒル地区にあるニュールネッサンス・ブックショップ。普通の家を改造した店舗は今やポートランドのスピ殿堂。

この店は私のガイドブックでも紹介しているが、ブックショップといってもとにかく置いてあるスピ・アイテムは半端ない。その筋の専門家から、ちょっとギフトを探したいという人まで、誰のニーズにも合う充実ぶりだ。ジェレミー夫妻が普通の一軒家でこの店を開いたのは30年くらい前。最初はヒッピー的な客層だったが、スピリチュアル・カルチャーがその裾野を広げるに伴って拡張し、今ではノブヒルの中心ストリート23rd St.に面した戸建3棟に渡って展開している。

パワーストーンもここではナチュラルな感じ。アクセサリーもあるが、ルースストーンをお守り的に持つ人が多いみたいだ。

物販のほかに、瞑想やヨガのワークショップや講話など毎日いろいろなプログラムを提供しており、今やニュールネッサンス・ブックショップはポートランドで人気のスピリチュアル・センターのような位置付けになっている。そもそもはジェレミー夫妻がアジアを旅しながら買い集めた小物を販売し始めたのが発端と聞いたが、恐らく彼ら自身も若い時分にヒッピーライクな暮らしをしていて、チベットを始めアジアを放浪していたと思われる。先見の明があったというか、なかなかのビジネス上手だったのかも。

右側の棚は音叉、左下はクリスタル・シンギングボウル。

右側の棚は音叉、左下はクリスタル・シンギングボウル。

日本でもスピリチュアル・ブームは続いていると思う。パワーストーンをはじめ様々なアイテムが紐付けられて一大マーケットを形成していると聞く。多くの人はそれを割と軽いノリで楽しんでいるのだろう。ポートランドでもそういう人もきっと少なくない。この店のアイテムもその多くはほぼホビー的なものといっていい。

ただ、冒頭のジェレミーの言葉も真実を突いている気がする。アメリカ人のメンタリティというのは個人と神との一対一の「契約」がベースと聞く。「既存の神」にその繋がりが持てない人は、自分なりの拠りどころを求めていくというのは自然なことだし、納得できる話だ。

世界のヒーリング・ミュージックを集めている。セレクションは非常に豊富。

世界のヒーリング・ミュージックを集めている。セレクションは非常に豊富。

私自身、特定の宗教は持たないけれど、療養生活をおくる中で必然的に生命やこころのありようを考える機会が多く、精神的なよすがを求めてスピリチュアルな本などもいろいろ手にした。ことに西洋医学的な標準治療を結果的に受けなかったので、肉体からのアプローチだけではなく、より自身のこころや意識の働きというものにフォーカスしてきた。だから、それぞれのスピリチュアル・パスを求めるという話はとても理解できる気がするのだ。

雑貨アイテムもかなりのバラエティ。

雑貨アイテムもかなりのバラエティ。何だかよく分らない物も多くて興味をそそられる。

そして宇宙の真理を求めつつ、教義や縛りごとのない自由な拠りどころを探す、そんな人々がポートランドに多いということ。それはもしかしたら、この街の風土を形づくる上でバックグラウンドになっているのかもしれないなと思った。

日本でも最近人気の曼荼羅の塗り絵。

日本でも最近人気の曼荼羅の塗り絵。

お茶の種類だけでも100種類以上はある。

お茶の種類だけでも100種類以上はある。

ニュールネッサンス・ブックショップは「裏」ポートランドのマストショップの一つに挙げてもいい店だ。

New Renaissance Bookshop
www.newrenbooks.com

 

 

 

 

 

 

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ②

IMG_2823のんびりネイバーフッドの古いソーセージ屋さん。

去年、ガイドブックで紹介できなかった場所の一つ、東南地区のウッドストック。スティーブ・ジョブスも通ったリード・カレッジから東に1キロ程行ったところにある。3年くらい前まで取り立ててどうということもなかったが、ポートランドが人気都市になるに連れ注目され始めたネイバーフッドの一つだ。

Amazonで予約注文開始になりました。

イメージやっと校了!ポートランドのガイドブック、遅くも7/8には。My PDX Guidebook can be reserved at Amazon now!

ポートランドのガイドブック、アマゾンで予約開始になりました。「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」(イカロス出版)。当面ポートランド訪問の予定がない人でも楽しめる内容です(たぶん)。

それはそれとしてですね・・・上の写真は何の関係もないのですが、この方、先日ウチの近所の公園を散歩していたら、通りすがりの木で

ポートランドガイド本、書きました!

pdx-book新しいポートランド・ガイド「緑あふれる自由都市ポートランドへ」。ようやく発売間近!

New Portland guidebook all pages by me will be published soon!

ようやく、本当にようやく。ポートランドのガイドブック、入稿した! 発売はAmazonで今月末、書店が7月4日頃とか。日本でのポートランドのイベントも重なり、すっかりブログの未更新が続いたのに、忘れないで覗いてくださった方々にお礼を言いたい。お陰で、心くじけずに何とか書き上げることができました!

5月、天王洲アイルでポートランド。

PopUpPortland20165月、天王洲アイルにて「ポップアップ・ポートランド2016」を開催。

日本でまだ紹介されていないクラフトブランドや、ポートランドにまつわるトークやワークショップなどが満載のイベント「Pop Up Portland 2016」。会場は東京の天王洲アイルのウォーターフロント。インダストリアルな雰囲気がまさにポートランド的です。

ポートランド、いよいよ春。

Tom MacCall Waterfront Park2

ウィラメット川べりのトム・マッコール・ウォーターフロント公園。 向こうの橋はBurside Bridge。

十月桜に始まって、緋寒桜、彼岸桜、枝垂、八重は寒山とか普賢象とかだと思うけど、あまりに多過ぎてどれだかはっきり分らない! 種類が多いから、季節も長い。だのに、ゆっくり見ようとか思ってる間に急に暫く帰国することになり、戻ったらやっぱり終わっていた。

ポートランドの文化。

IMG_5956 - バージョン 2ポートランドのカウンター・カルチャーの巣窟。この街らしい!

This shop represents one of PDX cultures, of course!

最近とみにポートランドはクールな街と紹介されがちだけど、大体そういうのは外からの目線(自分のことをクールって言っちゃーね)。そして、こういった店がフツーにあるもこの街。

日本でポートランド。

Paul Banyan<お知らせ> 11/21(土)、東京の手紙社でポートランドのお話をすることになりました。

My Portland talk event at Tegami-sha Coffee House in Tokyo on Nov. 21st.

手紙社の「表現の学校」の一つとして行います。テーマは「ポートランドの本当の魅力、本当の暮らし」。