365 Portland

ポートランドの食生活

ポートランドに泊まる【その3】

IMG_7402キッチン付の宿のすすめ。

前回につづき実用的な旅情報をーーー

ポートランドでガイドブックを片手に素敵なレストランを片端から楽しむのもいいけど、ローカル食材が魅力的な街だから、キッチン付の宿であればさらに滞在が面白いものになると思う。ということで、キッチン付き宿泊施設に泊まる際のトラベル・チップを。簡単なクッキングでも料理素材を吟味する楽しさは格別。ポートランダーの日常感をぜひ体験してほしい。

アメリカらしいレトロなキッチン。キッチンワゴンをアイランド風調理台に。

アメリカっぽいレトロなキッチン。キッチンワゴンをアイランド風にして調理台に。

上のキッチンはトップの写真と同じAir B&Bのもの。ポートランドの北側Woodlawnというネイバーフッドにある。トップ写真は台所につながるアルコーブで、台所に付いているこうした朝ごはん用スペースを「ブレックファースト・ヌック」と呼ぶ。小ぢんまりとして落ち着ける空間だから、夜ご飯を食べたっていいと思う。

さて、台所の設備は日本と少し違っていて、キッチン用語には日本語的な英語も多いのでここでは英語表現を含めて説明しよう。予約の際のご参考に。

【台所のタイプ】

キチネット

オレゴンコーストのホテルの最も簡素なタイプのキチネット。電子レンジとコーヒーメ−カー、ミニシンク、冷蔵庫のみ。

・キチネット → 簡易な設備のキッチン。電子レンジとトースターだけ、あるいはシンクや一口コンロ付きなど、宿によって付帯設備は異なるので確認を。

・フルキッチン → オーブンや食器類、すべて完備したフル装備の台所。

ホテルの場合、台所が付いている部屋でもキチネットがほとんど。食器や調理道具の有無は付帯設備の充実度に比例する。電子レンジ、トースター、冷蔵庫だけの所はグラス、カップのみ、シンク、コンロもあれば食器類も備えていることが多い。

キャラバン・タイニーハウス・ホテルのキチネット。電子レンジに2口電気コンロ付き©Caravantinyhousehotel

キャラバン・タイニーハウス・ホテルのキチネット。電子レンジに2口電気コンロ付き©Caravantinyhousehotel

また、Air B&Bでオーナーの自宅兼の場合は、たいていはフルキッチンでオーナーとのシェア。ベースメント(地下)を改装した部屋の場合などは独立したキチネットが付いていることもある。

シェアの場合、台所を自由に使っていい所と何らかの使用制限をしている所がある。トラブルにならないよう、その辺はしっかり確認を。調理可の場合は変に遠慮せず何でも使わせて貰おう。

片付けに関しては日本の人はまず問題ないが、使用後の食器はDishwasher(食洗機)に入れてくれと言われたら、少量だからと洗ったりせず従った方がいい。手洗いされたくないオーナーもいるので。また、キャストアイアンと呼ばれるフライパン(ステーキ用の鉄の重いフライパン)は使用後に水洗いしないで拭き掃除だけにしている人も。

アパートメント・ホテルのキッチン。一通りの設備が付いている。

アパートメント・ホテルのキッチン。一通りの設備が付いている。

【キッチン設備の英語】

・コンロ → ストーブ stove(cook stove)*暖房用ストーブはheaterでよい。*電気コンロはelectric stove、オーブンと一体型のコンロはオーブントップ oven top (stove top, cook top 上の写真参照)

・電子レンジ → マイクロウェーブ microwave(microwave oven)*「レンジ」といっても通じないので注意を!

・オーブントースター → トースターオーブンtoaster oven

・冷蔵庫 → リフリジレイター、またはフリッジ refrigerator, fridge, icebox

・調理用具 → クックウェアCookware *お玉などの調理用具(ユーテンシルズutensils)、鍋(pot)、フライパン(pan)。

・ナイフ、フォーク類 → カトラリー cutlery *フォークは発音が難しいので「ナイフ&フォーク」とセットで言った方が伝わりやすいかも。

・食器 → テーブルウェア tableware *お皿はプレートという(ディッシュではない)。

他人の台所を使うのは少し気を遣うかもしれないが、調理道具や調味料等いろいろ発見があって面白い体験にもなる。

カウンター付のキチネット。活版印刷のEgg Pressのデザイナー、キャラ・ヤナガワさんのB&B。これはB&B用に改装した時の写真なので設備はまだ何もない。

カウンター付のキチネット。デザイナー、キャラ・ヤナガワさんのB&B。これは改装したばかりの時の写真なので設備はまだ何もない。

友人でもある活版印刷「Egg Press」のキャラのB&Bはガイドブックでもちらと紹介したのだけれど、ベースメントを改装した部屋にはキチネットが付いている。さりげなくて居心地がいい。ロケーションはNE60数丁目なのでダウンタウンや西側に用事の多い人にはあまり向かないかも。でも、レンタカーや自転車を借りる人なら問題ないだろう。ロケーションはガイドブックを参照(笑)・・・いえ、ご興味があればお教えしますので。

お部屋のインテリアはこんな感じ。さすがのセンスのよさ。窓があるのでベースメントでも圧迫感などはない。入口が別々だから夜遅くなっても気を遣わずに済むのでは。

お部屋のインテリアはさすがのセンスのよさ。窓があるのでベースメントでも圧迫感はない。入口が別々だから夜遅くなっても気を遣わずに済むのでは。

今回がキッチンの話題なので、次回は【材料の調達】篇を続けようかと思います。なるべく早く(!)。

ポートランドガイド本、書きました!

pdx-book新しいポートランド・ガイド「緑あふれる自由都市ポートランドへ」。ようやく発売間近!

New Portland guidebook all pages by me will be published soon!

ようやく、本当にようやく。ポートランドのガイドブック、入稿した! 発売はAmazonで今月末、書店が7月4日頃とか。日本でのポートランドのイベントも重なり、すっかりブログの未更新が続いたのに、忘れないで覗いてくださった方々にお礼を言いたい。お陰で、心くじけずに何とか書き上げることができました!

ポートランドのかわいい料理。

DSC00674インスタグラム的なプレートは見た目だけでなく、ちゃんと美味しい。

人気フードカートだったCheese & Crackが開いたスナックプレース。チーズとミートなどを盛り合わせたかわいいプレートは特筆もの。かわいい盛り付けの料理はいろいろあるけど、これはやっぱりアイデアが光ってる。

ポートランドのグローサリー。

IMG_4066ナショナル・マーケットのWhole Foodsが、ポートランドで始めた移動式ローカル・グローサリー。

Whole Foodsは全米でよく知られた高級スーパー。オーガニック食材も豊富で、こだわりのあるバラエティに富んだ品揃え、自社ブランドもたくさんある。現在、ポートランドのメトロ圏に7店舗あるのだけど、

日本でポートランド。

Paul Banyan<お知らせ> 11/21(土)、東京の手紙社でポートランドのお話をすることになりました。

My Portland talk event at Tegami-sha Coffee House in Tokyo on Nov. 21st.

手紙社の「表現の学校」の一つとして行います。テーマは「ポートランドの本当の魅力、本当の暮らし」。

ポートランドのレトロごはん。

パンケーキ変わりゆくポートランドで何十年も前からある店の朝昼ごはん。

グルメな街のように言われているポートランドだけど、ごくアメリカンな店も人気がある。普通の人達が通うカフェの、フツーのごはん。

上は「Fat City Cafe」。店名通りカロリーの多そうなメニューがずらり。60年代風のごちゃごちゃの店内が似合ってる。

ポートランドのアーバンファーム。

SideYad Farm連載第11回目は「ポートランドらしさの象徴になるか、 アーバンファームの時代。」

ACCETORYに連載しているPORTLAND DAYS[あなたの知らないポートランドへ]。 最新の記事は、話題のアーバンファームのこと。

都市農業はポートランドの地産地消を支える大切なカルチャーでもあります。最近、日本でも知られるSide Yard Farm & Kitchenのオーナー、ステイシー・ギブンズのことを書いてみました。下記のリンクからどうぞ。

ACCETORYマガジン [Portland Days] Vol.11