365 Portland

ポートランドの食生活

ポートランドのローカルフード。

蜂蜜ポートランド・ローカルの蜂蜜で春を祝おう。

ポートランドに来たことのある方は、このパッケージとロゴに見覚えがあるかも知れない。スタートしてわずか3、4年でポートランド・メイドの蜂蜜の「顔」になったBee Local。空港内のMade in Oregonやポートランド産の品物を集めたセレクトショップMade Here PDXにも常時置いてある。

ここの蜂蜜は加熱処理や精製していないローハニー(Raw Honey)。当然、混ぜ物は一切ない純度100%のハニーで、蜂蜜はポートランドと周辺でコレクトされた出自の明らかなものだ(その地名がネーミングに表されている)。

Made Here PDX店頭にずらり並んだBee Localの蜂蜜。定番と折々のスペシャル商品がある。

Made Here PDX店頭にずらり並んだBee Localの蜂蜜。定番と折々のスペシャル商品がある。

2010年頃からポートランドでは自宅の庭にビーハイブ(養蜂箱)を設置する人が増えている。こうした人々をバックヤード・ビーキーパー(Backyard Bee Keeper)と呼ぶそうだ。庭で野菜や果物を育てるのはポートランドではごく普通だが、養蜂とはまた特殊な気がする・・・が、よく考えると、何だかそれもポートランド的ではある。

Bee Localのファウンダーも元々バックヤード・ビーキーパーで、蜂蜜の個性や魅力に取り憑かれたことが発端となってハニービジネスに参入した。そして周囲の人達に「みんな、蜂育てようよ」という感じでBee Keepingを推進して来たらしい。そんな訳でポートランドの平均ビーキーパー歴は3、4年以下と浅く、養蜂は冬越えが難しいこともあって、歴史的寒さだった今冬どうなったかが心配ではある。

養蜂箱

バックヤードに積まれた木箱、これが養蜂箱 Beehive。

一方、日本の蜂蜜は国産のものは5%程度しかなく、8割くらいが中国産のレンゲ蜂蜜、1〜2割がカナダ産、ニュージーランド産のアカシアなど。蜂蜜業界って結構な利権があって文字通りドロドロした世界らしく、糖類等の混ぜ物をしながら偽装販売している製品もかなりと読んだことがある。

それはともかく、みんなが庭で蜂蜜を集めて、それを近隣コミュニティで販売するなんて何だか微笑ましくていいなと思う。当然、花の蜜がたくさんないと成り立たない訳で、豊かな植物環境を維持することにつながりそうだ。Bee Local以外にもポートランドには地元産の蜂蜜は多い。

ポートランド市内から30分くらいのラベンダー・ファーム。華やかな香りとさらりとした風味のラベンダーハニーを作っている。

ポートランド市内から30分くらいのラベンダー・ファーム。華やかな香りとさらりとした風味のラベンダーハニーを作っている。

さて、そのBee Localの蜂蜜のお味はというと、これがかなり美味しい。コクがあって濃厚で、滋養に富んだ味わい。日本でも取り寄せられるので、興味のある方はぜひ。誰にでもお薦めできる定番はブラックベリー&ブルーベリーのPortland Farmland、私は少しワイルドな滋味のあるOregon High Desertが気に入っている。スモークハニーなんていうユニークなのがある時も。

244g入り12-13ドル、638g入りのラージは22ドル程度。ラージは2.5倍量なので、おトクだ(ボトルジャーがとても使いにくいのは難点)。日本への送料は航空便で一律18ドル。一瓶ではとても高くついてしまうのだけれど。

蕎麦から採れた黒い蜂蜜Oregon Buckwheat。チーズに添えたり、リブなどのBBQソースに混ぜるとよさそうだ。

蕎麦の花の蜂蜜Oregon Buckwheat。黒々とした見た目と濃厚な風味が特徴。チーズに添えたり、リブやBBQソースに混ぜるとよさそう。

*蜂蜜を舐めながらノンビリこの記事を書いた後、念のために調べたら、Bee Localは2年前にポートランドのグルメソルトで有名なJacobson Saltに既に買収されていたとか。なーんだ。冒頭に「春を祝おう」なんて書いたのにすいません。つい最近まで開いていたBeeLocal.comはいま閉鎖中だが、Jacobson Saltのウェブショップで購入できる。https://jacobsensalt.com/

関係ないけど、アメリカでよく見かけるこのクマちゃんのボトルハニー、使いやすいので詰め替え用にしている。これはオレゴンのGlory Beeというメーカーのもの。

Bee Localにはないけど、アメリカでよく見かけるこのクマちゃんの蜂蜜ボトル、使いやすいので詰め替え用にしている。これはオレゴンのGlory Beeというメーカー。

ポートランドガイド本、書きました!

pdx-book新しいポートランド・ガイド「緑あふれる自由都市ポートランドへ」。ようやく発売間近!

New Portland guidebook all pages by me will be published soon!

ようやく、本当にようやく。ポートランドのガイドブック、入稿した! 発売はAmazonで今月末、書店が7月4日頃とか。日本でのポートランドのイベントも重なり、すっかりブログの未更新が続いたのに、忘れないで覗いてくださった方々にお礼を言いたい。お陰で、心くじけずに何とか書き上げることができました!

ポートランドのかわいい料理。

DSC00674インスタグラム的なプレートは見た目だけでなく、ちゃんと美味しい。

人気フードカートだったCheese & Crackが開いたスナックプレース。チーズとミートなどを盛り合わせたかわいいプレートは特筆もの。かわいい盛り付けの料理はいろいろあるけど、これはやっぱりアイデアが光ってる。

ポートランドのグローサリー。

IMG_4066ナショナル・マーケットのWhole Foodsが、ポートランドで始めた移動式ローカル・グローサリー。

Whole Foodsは全米でよく知られた高級スーパー。オーガニック食材も豊富で、こだわりのあるバラエティに富んだ品揃え、自社ブランドもたくさんある。現在、ポートランドのメトロ圏に7店舗あるのだけど、

日本でポートランド。

Paul Banyan<お知らせ> 11/21(土)、東京の手紙社でポートランドのお話をすることになりました。

My Portland talk event at Tegami-sha Coffee House in Tokyo on Nov. 21st.

手紙社の「表現の学校」の一つとして行います。テーマは「ポートランドの本当の魅力、本当の暮らし」。

ポートランドのレトロごはん。

パンケーキ変わりゆくポートランドで何十年も前からある店の朝昼ごはん。

グルメな街のように言われているポートランドだけど、ごくアメリカンな店も人気がある。普通の人達が通うカフェの、フツーのごはん。

上は「Fat City Cafe」。店名通りカロリーの多そうなメニューがずらり。60年代風のごちゃごちゃの店内が似合ってる。

ポートランドのアーバンファーム。

SideYad Farm連載第11回目は「ポートランドらしさの象徴になるか、 アーバンファームの時代。」

ACCETORYに連載しているPORTLAND DAYS[あなたの知らないポートランドへ]。 最新の記事は、話題のアーバンファームのこと。

都市農業はポートランドの地産地消を支える大切なカルチャーでもあります。最近、日本でも知られるSide Yard Farm & Kitchenのオーナー、ステイシー・ギブンズのことを書いてみました。下記のリンクからどうぞ。

ACCETORYマガジン [Portland Days] Vol.11