365 Portland

ポートランドらしさを感じるブルワリー。

IMG_6646今や最もポートランド的存在、応援したくなるBaerlic Brewing。

きょうは久々にポートランドのビールの話を。

今年のオレゴン・ビール賞(Oregon Beer Award)では私のガイドブックでも取り上げたBaerlic Brewing Co.(ベアリック・ブルーイング)がベスト・ブルワリー少量生産部門で見事ゴールドメダルを獲得した。私はこの快挙をとっても喜ばしいと思っている。なぜならBaerlicはとってもポートランド的ブルワリーだからだ。

トップ写真はBaerlic Brewery & Taproomの窓を外から撮ったもの。中に見える木材のラインは天井。古いビルの天井板をメリメリ剥がした無骨なラフさもこのブルワリーに似合っている。

タップルーム内のギャザリング・テーブル。この旗のグラフィック、いいでしょう? ビール飲みたくなるよね。こんなミーティングルームがあったら一日中会議しててもいいなー。

タップルーム内のギャザリング・テーブル。この旗の壁画、いいでしょう? ビール飲みたくなるよね。こんなミーティングルームがあったら一日中会議しててもいいなー。

オレゴン・ビール賞は毎年二月頃に開催されるビールのプロが選ぶコンテスト。オレゴン中のブルワリーが自慢のビールを引っ下げて集結し、それぞれの部門で最も美味しいと思われるビールを選び合うとても価値ある賞なのだ。
ポートランドには今や様々なビールのイベントがあるけれど、私はこのイベントが一番いいと思う。それぞれのブルワリーのロゴの入ったウェアを来たブルワー達がグラス片手に互いの検討を讃え合っている姿は感動的。この日ばかりはリラックスして、みんなで一緒にビールを飲みまくる。

ンテリアは結構ハード目のインダストリアルなのに、水色が効いていて洒落感がある。うまいよね

インテリアはインダストリアル。ブルーが効いていて洒落感もある。うまいよね

Baerlicは2014年にスタートしたマイクロ・ブルワリーだ。と言っても商業生産する前もアマチュアのビール・コンテストで何度も受賞していて、知る人ぞ知るビール・メーカーだった。
友達同士のベンとリチャードはビール好きが高じて自宅のベースメント(※)で独自のビールを生み出すべく研究し、自信作を携えて様々なコンテストにチャレンジしていた。そのビールの美味しさが評判になり、満を持して3年前にベアリックを立ち上げたという。(※アメリカの住宅にはたいてい地下室があり、部屋として使うだけでなく洗濯室やアトリエにすることも多い)

オーナーの一人ベン。タップから注いだ新鮮なビールを持ち帰れる缶詰システムの説明を聞いている。

オーナーの一人ベン(左)。タップから注いだ新鮮なビールを持ち帰れる缶詰システムの説明を聞いている。

脚のタトゥーは何だかよく分からなかった。ドラゴンかな?

脚のタトゥーは何だかよく分からなかった。ドラゴンかな?

Baerlicのフラッグシップはブラウン・エール。華やかなアロマ感というより、やや苦みのしっかりした味わいのあるコクのあるエールビールだ。どちらかと言うと男性的なビールってことになるかもしれない。とは言え、今はいろいろなカテゴリに挑戦していてバリエーションも十分。

常時12種類の様々なビールが楽しめる。

常時12種類の様々なビールが楽しめる。

ベルジャン・ブロンド・エール「Delight」。このグラスほしいな。

ベルジャン・ブロンド・エール「Delight」。このグラスほしいな。

Baerlicがとてもポートランド的なブルワリーだという理由は、若者が地下室で始めたこともあるけれけど、原材料や醸造に必要な道具も含めて当初から可能な限り自分達のコミュニティやローカルで調達していること。そして人気が出ても相変わらずマイクロ・ブルワリーであり続けていることも大切だと思う。

スタッフのミーティングは醸造室内で行われている模様。このカジュアル感、いかにもポートランド!

スタッフのミーティングは醸造室内で行われている模様。このカジュアル感、いかにもポートランド!

そして今回あらためて知ったのだけど、彼らはレストランやバーにビールを供給するのも自分達で行っているそうだ。車にタンクを積んで街を走り回り、愛情込めて一生懸命に造ったビールを自分達の手で積み降ろしして供給先に手渡しする。出来る限り From seed to glass に近いやり方ができるのもマイクロ・ブルワリーならではと言えるけど、それでも全てをスタッフだけでやるのは大変だと思う。でも、そうしたビールに関わる一つひとつのプロセスを楽しんでいる感じが伝わってくるのがいい。

3歳になったよとポスターが貼ってあった。

3歳になったよとポスターが貼ってあった。こうしたグラフィックもハンドクラフト感があるのがいいよね。

Baerlicは何故にポートランド的かーーー

1)若者が地下室で始め、小規模で楽しくビールを造り続けている。

2)原材料や必要なものすべてをローカル・コミュニティで調達している。

3)すべてのプロセスを自分達の手で行っている。

簡単に言うとこんな感じだろうか。一昔前はポートランドにはこうしたブルワリーは結構あった。でも、ご存知のように市内だけでも70以上のブルワリーのある激戦区。今や有名なブルワリーも突然閉店してしまう厳しい状況がある(賞の常連でもあったCommons Brewery、80年代から続いてきたTugboat Brewing、この秋、共に看板を下ろした)。

お持ち帰り用のビール。これはあらかじめ瓶詰めされている物。

お持ち帰り用のビール。これはあらかじめ瓶詰めされている物。今後、タップから直詰めできるようになるかも。

だから、ビールファンとしては本当に応援したくなる。「Baerlic、これからもがんばって美味しいビール造ってよ。私たちも飲みに行くから!」と。ちなみにBaerlicとは英語の古語で、大麦のことを意味するらしい。

皆さんもポートランドに来たら、ぜひBaerlicでビールを飲んでみてください。素のポートランド・ローカル、そのたまらなく魅力的な雰囲気を実感できると思うから。

醸造所内の壁面に大書きされているスローガン(?)「Stay fresh, Keep cool」

醸造所内の壁面にどーんと大書きされているスローガン(?)「Stay fresh, Keep cool」

ポートランドの紅葉 =その2=

こちらはローレルハースト・パーク。湖畔のオークの下で読書などすると、しっとりと秋気分。

【 Twitter+ 】
オークの落葉がいっぱいになると、ポートランド秋も終わりに近づいている。

As the fallen leaves of Red Oak become full on the ground, the autumn of Portland is also approaching the end.

さまざまな樹木たちの色とりどりの紅葉が終わり、ポートランドの道という道は落葉で埋め尽くされる。枯れたオークの茶色の落葉は地味ではあるけれど、形がユニークだし、味わいがあって私はなかなかいいと思う。

オレゴンの材料で造ったバーボン。

burnside-bourbon

「365ポートランド」がツイッターしているのは以前お知らせした通りですが(アカウント名:365PortlandまたはWordsOnTap)、今後はツイートと同時にこちらにもUPして、多少は情報も付け足せればと思っています。ブログは長めのポストなので間があいてしまうのですが、もちろん続けていきますので引き続きよろしく!

ポートランドの紅葉 =その1=

3colorstree緑色がかった、黄色の、ポートランドの紅葉。
Greenish, yellowish, reddish fall foliage in Portland.

からりとした長い夏が終わり、遂に秋へ。9月末から10月初旬にかけて、ポートランドはいよいよ季節が移っていく。それはつまり、雨期の始まりも意味している。月間天気予報に並ぶ連日の雨マークを眺めながらポートランダーは「あーあ、始まっちゃったよ」と思う反面、ちょっぴりホッとする。

ポートランドのストリート・アーティスト。

Jeremy10ストリートをさすらうポートランドの吟遊詩人。

アーティストが様々なパフォーマンスを繰り広げるポートランドの街角。やっぱり音楽とビジュアルアートが中心だけれど、きょう紹介するのは全く異色のストリート・アーティスト、ジェレミー・M・ブラウンロウ。彼はストリートに現れる吟遊詩人だ。