365 Portland

ポートランドに泊まる【その3】

IMG_7402キッチン付の宿のすすめ。

前回につづき実用的な旅情報をーーー

ポートランドでガイドブックを片手に素敵なレストランを片端から楽しむのもいいけど、ローカル食材が魅力的な街だから、キッチン付の宿であればさらに滞在が面白いものになると思う。ということで、キッチン付き宿泊施設に泊まる際のトラベル・チップを。簡単なクッキングでも料理素材を吟味する楽しさは格別。ポートランダーの日常感をぜひ体験してほしい。

アメリカらしいレトロなキッチン。キッチンワゴンをアイランド風調理台に。

アメリカっぽいレトロなキッチン。キッチンワゴンをアイランド風にして調理台に。

上のキッチンはトップの写真と同じAir B&Bのもの。ポートランドの北側Woodlawnというネイバーフッドにある。トップ写真は台所につながるアルコーブで、台所に付いているこうした朝ごはん用スペースを「ブレックファースト・ヌック」と呼ぶ。小ぢんまりとして落ち着ける空間だから、夜ご飯を食べたっていいと思う。

さて、台所の設備は日本と少し違っていて、キッチン用語には日本語的な英語も多いのでここでは英語表現を含めて説明しよう。予約の際のご参考に。

【台所のタイプ】

キチネット

オレゴンコーストのホテルの最も簡素なタイプのキチネット。電子レンジとコーヒーメ−カー、ミニシンク、冷蔵庫のみ。

・キチネット → 簡易な設備のキッチン。電子レンジとトースターだけ、あるいはシンクや一口コンロ付きなど、宿によって付帯設備は異なるので確認を。

・フルキッチン → オーブンや食器類、すべて完備したフル装備の台所。

ホテルの場合、台所が付いている部屋でもキチネットがほとんど。食器や調理道具の有無は付帯設備の充実度に比例する。電子レンジ、トースター、冷蔵庫だけの所はグラス、カップのみ、シンク、コンロもあれば食器類も備えていることが多い。

キャラバン・タイニーハウス・ホテルのキチネット。電子レンジに2口電気コンロ付き©Caravantinyhousehotel

キャラバン・タイニーハウス・ホテルのキチネット。電子レンジに2口電気コンロ付き©Caravantinyhousehotel

また、Air B&Bでオーナーの自宅兼の場合は、たいていはフルキッチンでオーナーとのシェア。ベースメント(地下)を改装した部屋の場合などは独立したキチネットが付いていることもある。

シェアの場合、台所を自由に使っていい所と何らかの使用制限をしている所がある。トラブルにならないよう、その辺はしっかり確認を。調理可の場合は変に遠慮せず何でも使わせて貰おう。

片付けに関しては日本の人はまず問題ないが、使用後の食器はDishwasher(食洗機)に入れてくれと言われたら、少量だからと洗ったりせず従った方がいい。手洗いされたくないオーナーもいるので。また、キャストアイアンと呼ばれるフライパン(ステーキ用の鉄の重いフライパン)は使用後に水洗いしないで拭き掃除だけにしている人も。

アパートメント・ホテルのキッチン。一通りの設備が付いている。

アパートメント・ホテルのキッチン。一通りの設備が付いている。

【キッチン設備の英語】

・コンロ → ストーブ stove(cook stove)*暖房用ストーブはheaterでよい。*電気コンロはelectric stove、オーブンと一体型のコンロはオーブントップ oven top (stove top, cook top 上の写真参照)

・電子レンジ → マイクロウェーブ microwave(microwave oven)*「レンジ」といっても通じないので注意を!

・オーブントースター → トースターオーブンtoaster oven

・冷蔵庫 → リフリジレイター、またはフリッジ refrigerator, fridge, icebox

・調理用具 → クックウェアCookware *お玉などの調理用具(ユーテンシルズutensils)、鍋(pot)、フライパン(pan)。

・ナイフ、フォーク類 → カトラリー cutlery *フォークは発音が難しいので「ナイフ&フォーク」とセットで言った方が伝わりやすいかも。

・食器 → テーブルウェア tableware *お皿はプレートという(ディッシュではない)。

他人の台所を使うのは少し気を遣うかもしれないが、調理道具や調味料等いろいろ発見があって面白い体験にもなる。

カウンター付のキチネット。活版印刷のEgg Pressのデザイナー、キャラ・ヤナガワさんのB&B。これはB&B用に改装した時の写真なので設備はまだ何もない。

カウンター付のキチネット。デザイナー、キャラ・ヤナガワさんのB&B。これは改装したばかりの時の写真なので設備はまだ何もない。

友人でもある活版印刷「Egg Press」のキャラのB&Bはガイドブックでもちらと紹介したのだけれど、ベースメントを改装した部屋にはキチネットが付いている。さりげなくて居心地がいい。ロケーションはNE60数丁目なのでダウンタウンや西側に用事の多い人にはあまり向かないかも。でも、レンタカーや自転車を借りる人なら問題ないだろう。ロケーションはガイドブックを参照(笑)・・・いえ、ご興味があればお教えしますので。

お部屋のインテリアはこんな感じ。さすがのセンスのよさ。窓があるのでベースメントでも圧迫感などはない。入口が別々だから夜遅くなっても気を遣わずに済むのでは。

お部屋のインテリアはさすがのセンスのよさ。窓があるのでベースメントでも圧迫感はない。入口が別々だから夜遅くなっても気を遣わずに済むのでは。

今回がキッチンの話題なので、次回は【材料の調達】篇を続けようかと思います。なるべく早く(!)。

ポートランドに泊まる 【その1】

Tinyhouse1

バックヤードの小さな家、そしてタイニーハウス・ホテル。

ポートランドでは小さな家にもバックヤードがある。住宅を建てる場合、アウトドア・エリアの最低面積を約23平米(約7坪)確保することが決まっているからだ。これは家の周りの隙間の合計ではなく、一辺4m程度の四角形がすっぽり入らなくてはいけないのだそう。つまり家の大きさに関わらず、14帖以上の庭がある感じ。

ポートランド的夏の楽しみ方。

Driftwood Fort1オレゴン名物になった「流木の家」たち。

Driftwood Fort is one of the highlight attractions of summer in Oregon.

ポートランドから海や河に遊びに行った人は、どこかで見たかも知れない。これはドリフトウッド・フォート(Driftwood Fort:流木の要塞の意)と呼ばれる流木を組んだ掘っ建て小屋で、言わば子供の頃に作った基地みたいなものだ。

ポートランドのスピリチュアル。

tarotアメリカ第一の無宗教な街のよりどころ。

ポートランダーは教会に行かない。知っての通りアメリカはキリスト教国家で、大統領就任時にだってバイブルに手を置いて宣誓するし、今でも学校では「ただ一つの神のもとで」みたいなプレッジをやるところは多いはず。そういう国柄でありながらポートランドは宗教的無所属層42%(全米主要30都市で最高率)。実感ではこの割合はもっと多いかもしれない。

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」番外編 ②

IMG_2823のんびりネイバーフッドの古いソーセージ屋さん。

去年、ガイドブックで紹介できなかった場所の一つ、東南地区のウッドストック。スティーブ・ジョブスも通ったリード・カレッジから東に1キロ程行ったところにある。3年くらい前まで取り立ててどうということもなかったが、ポートランドが人気都市になるに連れ注目され始めたネイバーフッドの一つだ。

ポートランドの名刺。

IMG_4085ポートランドでつくる名刺、肩書きに悩んだ話。

*一年くらい前の個人的な話で恐縮ですが・・・
ポートランドでは活版印刷がとても盛んだ、その草分けで友人でもあるEgg Pressが、好意で名刺をつくってくれるという。でも、先延ばしにしていた。肩書きをどうするか悩んでしまったのだ。

ポートランドの医療のこと。その1

ポートランドの医療ポートランドの未体験ゾーン、病院生活は驚きの連続だった!

去年の夏、ある日突然へんてこな病気というか、かなーりヤバイヤマイの可能性を示唆され、あっという間に大重病人になってしまった私。まさに「青天の霹靂」というやつ。それからは治療のためにあちこちへ移動し、いろんなことを考えた。そしてこの半年間、自分自身にもだけど、アメリカと日本の医療のあり方に様々に驚く日々を過ごした。