365 Portland

ポートランドのアウトドア生活。❸

Signポートランドから行くキャンプ場 ❶:
Champoeg State
Park シャンプーイ州立公園

あんまり前置き的な話ばかり続くのも何なので、ここで一つキャンプ場案内も入れようかなと思う。この連載は気軽なキャンピングを念頭に置いているので、キャンプ場もポートランドから程近い所を紹介しよう。

オレゴン開拓史を背景に、解放的なキャンピング。

ポートランドから南へわずか30キロ。ウィラメット川沿いのChampoeg(シャンプーイと読む)はオレゴン州立公園で、また、開拓史時代を偲ばせる歴史遺産地区でもある。トップ写真は入り口。周辺は解放的で、カントリーの雰囲気がいっぱい。

開拓史時代の暮らしを再現した農園やキャビン。

開拓史時代の暮らしを再現した農園やキャビン。(写真もそんな感じにしてみました)

Champoegは19世紀前半までネイティブ・アメリカンが釣りや狩りをする居留地だったが、入植者がコミュニティを作って(つまり、闖入して住み着き)、エリアを席巻し(つまり、先住民を追い出し)、時の政府が治めちゃった(つまり、ぶんどっちゃった)・・・というエリアだ。周辺部にはその当時の「立役者」というロバート・ニューウェル氏の子孫が彼の家や資産を買い戻して、博物館や開拓史のメモリアルを再現した施設が点在している。・・・と、批判めいた紹介になっちゃったけど、開拓史の背景はネガティブなもんがつきまとうのだから、まあ仕方ない。

快適で、良く整えられたキャンプサイト。

手前にポーチのある一番よく見る形のキャビン。

フロント・ポーチがある一番よく見る形のキャビン。デラックス・キャビンはないので共同のシャワー・トイレを利用。

さて、肝心のキャンプサイトだが、広大なエリアの中でしっかり管理・整備されている。ワイルドな自然を味わうというより、ファミリー向けの明るく安心な中規模キャンプ場と言えるだろう。そのためテント用のサイトはわずかで、ほとんどがキャンピングカーやRV向けとなっている。
宿泊施設としてのキャビンは6棟、ヤートも6つ、それぞれまとまったサイトにある。

キャビンは木陰に設置されていて、こんな森の中の雰囲気もある。

キャビンは木陰に沿って設置されていて、森の中の雰囲気もある。

キャビンはスタンダードならスティック・キャビンと呼ばれるタイプで、コンパクトながら過不足ない設備が揃っている。2段ベッドと布団ソファを備えているので最大5人まで泊まれるが、2、3人で心地よい広さだ(リネンや毛布などは持参:前回の記事参照)。暖房はあるが、冷房はない(まず必要ない。天井にファン設置)。各棟とも屋外に定番のピクニックテーブル、ファイヤーピットを備えている。

Yurt3

ヤートにもきちんとフロントポーチとベンチがある。このセッティング、うーん、泊まりたくなるよね。

ヤートは6棟が別のループにまとまっており、弧を描くように設置されている。内外の設備はキャビンと同じ。ただ、緑に囲まれるセッティングになっていて、こちらの方が落ち着けるかもしれない。ここのヤートのループは各棟が大小の木々に包まれるように実にうまくレイアウトしてある。

     6つのヤートは適度に離れている。間には植栽があったり、プライベートにもよく配慮されている。

6つのヤートは適度に離れている。間には植栽があってプライベートにもよく配慮されている。

キャビンもヤートもすごくいいだけど、これもやりたかったりして。キャンパー憧れのエアストリーム。ポートランド近郊では結構よく見かける。

キャビンもヤートもすごくいいのだけど、これもやりたい! キャンパー憧れのエアストリーム。ポートランド近郊では結構よく見かける。

薪と氷はキャンプサイト内で販売している。ビジターセンターにストアがあり、最小限の必要アイテム(スナック類やちょっとした食材、水・ジュース類、シャンプー・歯磨き、プラスチックのナイフ・フォーク類、ファーストエイド等々)は用意している。

ビジターセンターとストア。公園案内だけでなく、エリアの歴史展示やビデオも。

ビジターセンターとストア。公園案内だけでなく、エリアの歴史展示やビデオも。

Champoegの園内の詳細はこちらのPDFパンフで。
このパンフでもよくわかるように、この公園はキャンプ場とデイエリアがきっちり分けられ、かなり離れている。園内全体は割合だだっ広くてボーバク感があるので、日帰り遠足する場合、公園でピクニックをして、その後は川沿いを散歩したり、点在する開拓史にまつわる建物や農園、ミュージアムなども見て回ると変化があって楽しめるだろう。

公園内はフラットで広々と開放的。

公園内はフラットで広々している。

公園の東の外れには150年続いてきた(オレゴンで最長)のゼネラルストア「Butterville Store」があり、ローカルの産物のほか、ホームメイドのスープやパイなどのデザート、軽い食事ができる。ピクニック用のボックスランチも用意してくれるので、公園に行く前に立ち寄るのもいいかもしれない。※営業時間に注意。

オレゴン開拓史時代から150年続くゼネラルストア「バタービル・ストア」。

オレゴン開拓史時代から150年続くゼネラルストア「バタービル・ストア」。

ストアの詳細は、こちらのサイトで。
The Historic Butteville Store

州立歴史遺産地区(ステイト・ヘリテイジ・エリア)としてのChampoegの歴史や詳細は、こちらのサイトで。

Champoeg State Park 利用料金
- キャビン:$43-53
- ヤート:$43-53
- テントサイト:$19
- デイエリア駐車場料金:$5
*入園料は特になく、駐車場代に含まれる。また、キャンプ場利用者の駐車場代はキャンプ料金に含まれている)

ポートランドのアウトドア生活。❶

DeschutesRiver その1「まずは1泊キャンプに挑戦する。」

アウトドアはポートランド生活の一部。
緑あふれる街、ポートランド。その周りはぐるりとオレゴンの大自然に包まれている。東にカスケード山脈、西に太平洋、深い森や林、たくさんの川と湖・・・。前にも書いたようにポートランド圏の周囲は「都市成長境界線(UGB) 」という開発のボーダーラインが決まっていて、その外側の自然環境が保たれている。自然が身近だからアウトドアが生活の一部であり、街と自然のどっちも好きな人にとって居心地のいい場所となっているのだ。

ポートランドの本、改訂版出ます!

2016年7月刊行の原稿バージョン。

こちらは2018年7月刊行の初版。カバーも変わるかな?

7月、「緑あふれれる自由都市ポートランドへ」(イカロス社刊)が新しくなります。

みなさま、またまたご無沙汰ですみません!私はいまだ深く潜航中でおりますが、夏に向けて少しずつ上昇できればと思っています。陸に上がるまでにはもう一山、ふた山ありますが、なんとか乗り越えていきますので、どうか長い目で見て頂ければありがたいです。

さて、拙著「緑あふれる自由都市ポートランドへ」が出版されて2年。ポートランドは急速に様変わりしつつあります。この間に取り壊しや閉店した店がいくつもあるのには愕然です。反面、この街をポートランドらしく維持してきた草の根の魅力的なエネルギーはまだまだ健在とも思われます。

ポートランドらしさを感じるブルワリー。

IMG_6646今や最もポートランド的存在、応援したくなるBaerlic Brewing。

きょうは久々にポートランドのビールの話を。

今年のオレゴン・ビール賞(Oregon Beer Award)では私のガイドブックでも取り上げたBaerlic Brewing Co.(ベアリック・ブルーイング)がベスト・ブルワリー少量生産部門で見事ゴールドメダルを獲得した。私はこの快挙をとっても喜ばしいと思っている。なぜならBaerlicはとってもポートランド的ブルワリーだからだ。

ポートランドの紅葉 =その2=

こちらはローレルハースト・パーク。湖畔のオークの下で読書などすると、しっとりと秋気分。

【 Twitter+ 】
オークの落葉がいっぱいになると、ポートランド秋も終わりに近づいている。

As the fallen leaves of Red Oak become full on the ground, the autumn of Portland is also approaching the end.

さまざまな樹木たちの色とりどりの紅葉が終わり、ポートランドの道という道は落葉で埋め尽くされる。枯れたオークの茶色の落葉は地味ではあるけれど、形がユニークだし、味わいがあって私はなかなかいいと思う。

オレゴンの材料で造ったバーボン。

burnside-bourbon

「365ポートランド」がツイッターしているのは以前お知らせした通りですが(アカウント名:365PortlandまたはWordsOnTap)、今後はツイートと同時にこちらにもUPして、多少は情報も付け足せればと思っています。ブログは長めのポストなので間があいてしまうのですが、もちろん続けていきますので引き続きよろしく!

ポートランドの紅葉 =その1=

3colorstree緑色がかった、黄色の、ポートランドの紅葉。
Greenish, yellowish, reddish fall foliage in Portland.

からりとした長い夏が終わり、遂に秋へ。9月末から10月初旬にかけて、ポートランドはいよいよ季節が移っていく。それはつまり、雨期の始まりも意味している。月間天気予報に並ぶ連日の雨マークを眺めながらポートランダーは「あーあ、始まっちゃったよ」と思う反面、ちょっぴりホッとする。